初心者におすすめの資産運用についてメリットとデメリット

初心者におすすめの資産運用の預金

資産運用で最も基本的なものとして預金があります。

銀行に対する預金も金利のリターンを受け取れるので、資産運用の一つですが、元本は保証されるので、リスクはほとんどないのが預金の魅力です。現在の金利では、誰もが知っているメガバンクで0.02%、金利が高いネット銀行の定期預金でも0.2%と言えます。

リスクがない分、受け取る事の出来る金額は低いので、預金を資産運用として行う場合には、多くの金額を預ける必要があります。

個人向け国債について

個人向け国債も初心者におすすめの資産運用です。国が資金調達する為に発券する債券で、所有者に利息が支払われて、満期には額面金額のお金を得る事が出来ます。

個人向け国債では、安全性が高く、少額でも始める事が出来る魅力があります。満期は3年や5年、10年の3つがあり、1万円から始める事が出来るので初心者でも始めやすいと言えます。

デメリットとしては、銀行金利と変わらない事から金利が低い事が挙げられるので理解しておく必要があります。

株式投資のメリットとデメリット

株式投資は企業が発行する株式を安い時に購入して、価格が高い時に売却をする事で利益を得る事が出来る資産運用で人気が高いです。

株式投資の中でも多くの投資指標や投資手法がありますが、利益を上げる仕組みはとても単純と言えます。

一定時期に株主になっている場合には配当金を受け取る事も出来ます。売買のタイミングによっては、高い利益を得る事が出来ますが、注意点としては必ず利益を上げられるとは限らないので損をする事もあります。