仮想通貨って本当にガチホがいいの?

仮想通貨のコミュニティでは「ガチホ」という言葉があります。

ガチでホールドする!の略みたいで、コインを買ったら、そのまま保有し続けることを意味します。(この間、売ったり買ったりは一切しません。)

本当に伸びると思って買った通貨なら、それでも構いません。

しかし、仮想通貨市場は不安です。

各国での規制や大規模なハッキング事件などがあれば、一気に以上は下降していきます。

株と違って数10パーセント単位の騰落です。

確実に下降トレンドに差し掛かった時は、半分ほど売ってもいいと思います。

半分売って半分キープ

あるコインを100枚持っていたとします。

市場の下降に差し掛かった段階で50枚売ります。(日本円にしましょう)

コインが最初の半値になったとしても、損失は4分の1に抑えられます。

錬金術

また、しばらくして市場が回復してきたら、50枚分の日本円で、コインを買い戻します。

買い戻した時、そのコインが最初の半値になったとしたら、100枚買い戻すことができます。

結果、コイン保有数は150枚になります!(+50枚)

もともと持っていまたコイン数よりも増えます。これを仮想通貨のコミュニティでは「錬金術」なんて呼ばれます。

確実に下がるタイミングは?

一番の指標は、有名なコイン全てが下落した時です。

ビットコイン・イーサリアム・リップル

この3つが同時に下がったときは、おや?と思ってください。

ツイッターなどで仮想通貨に関するつぶやきを検索すると、関連した事件が出てきます。

当面は規制に注目

当面は、規制や納税に関するニュースが引き金になると思います。

さすがにこのニュースはマズイな!と思ったら、一部売ってしまうのはいいと思います。

 

まとめ:半ガチホ

「ガチホ最強!」などと言われています。筆者もそう思っています。

しかし、市場自体がまだまだ不安です。一部をいったん売って買い戻すのはありだと思います。

筆者も基本的にはガチホですが、規制やハッキングのように大きなニュースがあった時は、半分ほど売っています。

 

名付けて「半ガチホ」です!