エステとマッサージの違い

エステサロンでの施術は本来、お肌のタルミやシワ、シミの改善などが主流でしたが、現在では全身のボディマッサージもおこなわれているサロンもあります。

しかし、正確にはマッサージとしてメニューには載せておらず、リラクゼーションとして掲げられています。

利用者がマッサージをしてもらっている感覚なので、エステでのリラクゼーションもマッサージと思っているだけで、サロンでは線引きをしています。

マッサージをおこなうには国家資格が必要ですが、エステティシャンはマッサージの資格を持たない人がほとんどなので、正確にはマッサージではないのです。

リラクゼーションとマッサージの違いは?

「エステでおこなうリラクゼーションの目的は癒し効果です」

エステではあくまでも体を癒すことが目的で、心地よくなって至福のひと時を持ってもらうのが趣旨で、体の不調の改善や治療が目的ではありません。

そのため、施術という言葉は使いますが、治療という言葉は一切使うことはありません。

「マッサージ師がおこなうのは治療行為です」

マッサージ師は国家資格が必要なため、肩こりや腰痛などの治療をおこなうことができます。

※同じような行為をおこなっている整体師やカイロプラクティックは、国家資格ではないので、治療という言葉は使わず施術といいます。

エステサロンでも、マッサージ師の資格を持つエステティシャンがいる場合は、マッサージのメニューを掲げています。

エステティシャンには国家資格はありません

エステティシャンには国家資格はありませんが、民間資格は多くあります。しかし、この資格がないとエステティシャンとして認められないといった資格はありません。

リラクゼーションの世界は、技術の優れた人のみが生き残れる世界なので、お客様を満足させられる腕があればよいというわけです。

国家資格もなく、決定的な民間資格もないエステティシャンが多いにもかかわらず、エステサロンはおお流行りですが、やはりしっかりしたエステサロンは独自の研修形態をとっており、お客さまの信頼を得られるように努めています。

中には有資格者も

エステサロンの中にはマッサージ師の資格を持ったエステティシャンがいる場合や、医師の資格を持つ人がいるところもあるので、体の不調を治すのが目的なら、そういった人が在中するサロンを、ネットなどで調べて選ぶようにしましょう。

エステサロンのリラクゼーションメニューは、一般的な整骨院の治療では得られない心身のリラックス効果が得られるため、人気があります。

まとめ

仕事や家事や育児にとフル回転の毎日では、いつかどこかにひずみがきます。

女性の場合は、出産や更年期などの体の変わり目にまとまって不調がやってくることが多いものですが、エステサロンでリラクゼーションエステを受けると、心身の不快症状が解消され、気持ちも前向きになれます。

エステでの施術と整体院での治療を上手に使い分けて、健やかな日々を過ごしていきたいものです。