ハイフ(HIFU)

ハイフとコルギはどっちの方が小顔効果がある?

小顔に効果的な施術『ハイフ』と『コルギ』に重点を絞り、どちらの方が効果があるのかについて説明していきます。

 

ハイフとは?

ハイフ(HIFU)とは、超音波で脂肪を温めることができる美容マシンです。

超音波を一点に集めることでエネルギーが高密度になり、脂肪が温まっていきます。

この熱は一時的な火傷を起こせるほど強力で、脂肪細胞を破壊することができます。なので、リバウンドがありません。

 

痩身で使われる "ハイパーナイフ" ではありませんのでご注意を!

参考:ハイフってハイパーナイフの略語?

 

アンチエイジングにも

また、脂肪のさらに奥にある筋膜を焼くと『引き締め効果※』によって肌全体を引っ張り上げることができます。

※焼肉などで、焼いたお肉が縮んでいくようなイメージです。

この引っ張る力を "リフトアップ" に活用されることが多く、アンチエイジングにも人気です。

 

コルギとは?

コルギとは韓国発祥のマッサージ法です。

顔の骨と筋肉に圧力をかけていくことで血行を良くして、リンパの流れを促進させます。

 

一般的なマッサージは肌や筋肉にアプローチをしますが、小顔コルギは『骨』にアプローチしていくのが特徴です。

骨と骨の間に詰まった老廃物を輩出させ、むくみやたるみを改善し小顔に導いていきます。

 

即効性が高い

小顔コルギは即効性がとても高いのが特徴です。

一度の施術で肉眼でわかるほどの効果が期待できます。

  • 目がぱっちりと開けやすくなり大きく見える
  • 鼻筋がスッキリして小鼻になる

などの効果もあります。

 

ハイフとコルギはどっちの方が小顔効果がある?

結論から言うと、小顔効果が高いのはハイフです。

脂肪細胞そのものを破壊することができるので、確実な効果があります。リバウンドも起こりません。

特に、頬の脂肪や二重顎にはとても有効で、リフトアップも合わせれば大幅な小顔効果を得られます。

 

コルギはむくみを改善することで一時的な小顔効果は期待できますが、持続性などはあまり期待できません。

ただ、骨にまで働きかけるケアにより、頭蓋骨の歪みや大きさも矯正していきます。

根本的な改善を促すことで『本来の小顔』に導くことができるのです。

 

ハイフとコルギ、即効性と持続性が高いのは?

 

即効性はコルギ

コルギは即効性のある施術なので、1回受けただけで目に見えるほどの効果があります。

ハイフはあまり即効性はなく、破壊された脂肪が排出されるまでに1ヶ月くらいかかります。

 

ただ、持続性については ハイフの方が圧倒的です。

 

持続性はハイフ

ハイフは脂肪を除去できるので、持続性は半永久です。

筋膜を引き締めるリフトアップも、1回の施術で半年〜1年ほど続きます。

 

一方で小顔コルギは、1~2週間ほど効果が持続すると言われています。小顔効果を持続させるためには、継続して通うことが求められます。

定期的に通うコストを考えると、トータルでは1回の施術で済むハイフの方が費用も安くなります。

 

おすすめはここ

最大手である「湘南美容クリニック」に導入されている痩身用のハイフ(脂肪溶解リニアHIFU)でも、やはり顔がメインです。

フェイスラインの脂肪を溶解できるので、二重アゴにお悩みの方におすすめ。どうしても溶解注射が苦手な人向けのメニューです。

回数 料金
1回 30,000円
3回 84,000円
※1回あたり28,000円

湘南美容クリニック 公式サイト

 

ハイフとコルギは両方受けてもいいの?

  • ハイフ →脂肪・筋膜にアプローチ
  • コルギ →骨にアプローチ

ハイフとコルギは効果の出る箇所が違うので、両方受けても大丈夫です。

ハイフで脂肪を落としつつ、骨の矯正をしていく。

この流れで大幅な小顔効果を得られます。

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-ハイフ(HIFU)