整骨院でハイパーナイフを受けるメリットとデメリット

ハイパーナイフには「筋肉にもアプローチ」できるというメリットがあります。

これは、ハイパーナイフで使っている1MHzという高周波が、筋肉の温めにも効果を及ぼす周波数だからです。

この効果に着目し、ハイパーナイフを導入する整骨院(接骨院)がとても増えています。

筆者も何度かハイパーナイフを整骨院で受けたこともありますが、エステでは得られないメリットもたくさんあります。

メリット1:矯正メニューが受けられる

骨盤矯正のような骨を動かす施術を一緒に受けられるのは大きなメリットです。

この施術だけはどうしてもエステでは効果を出せないので、整骨院ならではの嬉しいメリットです。

骨の位置が正しくなることで、代謝が上がるので、ダイエット(脂肪燃焼)効果も上がります。

メリット2:施術が早い

エステサロンと逆で、整骨院というのは1人あたりにかける時間がとても短いです。

どちらかというと来店数の多さで儲けています。

この「短い時間で」という点に魅力を感じる方にとってはメリットでしょう。

メリット3:治療に相乗効果

ハイパーナイフによって筋肉をほぐす効果は、治療のサポートにもなります。

骨だけを正しい位置に戻しても、その周りの筋肉が凝り固まっていては、また骨がズレていってしまいます。

そこでハイパーナイフは活躍します。

じつは昔からも整骨院では、骨周りの筋肉をほぐすマシンは取り入れています。ラジオ波マシンを導入している院はけっこう多いです。これがハイパーナイフに変わりつつあるのです。

 

以下、いくつかデメリットもあげておきますと…

デメリット1:探しにくい

医療関係の規定により、ホットペッパービューティーに「整骨院(接骨院)」は掲載できません。

なので『ハイパーナイフを受けられる整骨院』を探すのはちょっと手間です。

最近はしっかりホームページを作っている整骨院さんも多いので、Google検索では出てきます。

デメリット2:癒しは求められない

どうしてもエステサロンのような接客・ホスピタリティは求められません。

いいところは、本当に良いです。ただ、やっぱり先生感があって緊張します。

整骨院は、来店数で儲けるビジネスなので「ゆったりと癒されにいく」というニーズにはなかなか合わないでしょう。

デメリット3:エステでも十分

矯正メニューの技術力を除けば、大半のことはエステでもできます。

いちおう矯正メニューのあるエステもありますし、有資格者のいるエステもあります。

ハイパーナイフが筋肉にアプローチできる施術なので、肩こりや腰痛のケアにも対応してくれるエステは増えてきています。

 

【PR】おすすめマッサージクリーム

ハイパーナイフと同じ温熱効果を持ったマッサージクリーム『バンビミルク』には脂肪やセルライトを柔らかくする痩身成分が含まれています。

これらは固まった筋肉を柔らかくすることにも効果があります。

筋肉をほぐし、血流を促進するバンビミルク。

ダイエットはもちろんですが、肩こりの解消にも使えるので、一石二鳥なアイテムです!