スクリーンショット 2018-02-02 午後5.42.35

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハイパーナイフとテニス肘の治癒サポート

テニス肘の正式名称は『上腕骨外側上顆炎』

手首に負担がかかる動作を行った時、肘の外側から前腕にかけて痛みが起こる症状のことです。

肘の腱に負担がかかり、細かい亀裂や炎症が起きて痛みが起こると考えられています。

安静にしていれば自然治癒しますが、日常で肘を完全に休めることは難しいので、自然治癒力を高めるために整骨院などで治癒サポートを行います。

 

テニスをしていなくても起こる

「テニス肘」と呼ばれていますが、テニスをしていない人も起こる症状です。

日常動作としてはフライパンを振って痛みが出だしたり、タブレット端末の持ち上げやPCマウスクリックで痛みが出だしたりする方もいます。

(e-スポーツ選手が発症することもあります)

筋肉の衰えてくる40代から発症する人が多いです。

 

ハイパーナイフで治癒サポート

最近は治療サポートに『ハイパーナイフ』が使われています。

もともとエステマシンですが、今ではサッカー・水球・テニスなど プロスポーツ選手の身体ケアにも使われています。

↑公式より

 

ハイパーナイフは高周波によって血流を促進し、凝り固まった筋肉や腱をほぐしていきます。代謝も良くなるので、治癒力が高まります。

プローブは特殊で、腕・肘のような複雑な形状の部位にも施術できます。

なのでテニス肘のケア・痛みの緩和で活用されています。

 

余談ですが「ぎっくり腰」にもいいですよ!

 

導入を検討のお店はこちら▼

▶︎株式会社ワムのハイパーナイフ

日常動作の中で「肘の痛み」を感じ始めたら、テニス肘を疑ってみてください。

ひどくなるとコップも持ち上げられなくなります。

早めの治癒サポートがおすすめです。

 

スポンサーリンク

ハイパーナイフでアブクラックス(美腹筋)が作れる!?

ハイパーナイフのカット出しは、ボディビルダー・フィジーク選手の間で大人気の施術です。

大会前の仕上げなどにも活用されています。

一般の人でも、筋トレと組み合わせればシックスパックが出やすくなります。

もちろん、筋トレをする女性にもおすすめです。

女性の腹筋のカットは縦に出やすく「アブクラックス」と呼ばれます。

カット出しとは?

そもそもハイパーナイフの『カット出し』は、筋肉の溝についた脂肪・浮腫をピンポイントに落としていく施術です。

これはじつはダイエットメソッドの一種で、筋肉の溝をくっきり出すには”ひたすら鍛える”のではなくダイエットを組み合わせるのが必要なんですね。

通常、ダイエットは肝臓から遠い部位(手首・足首など)が痩せやすいと言われています。

腹筋の溝までピンポイントに落とせるのがハイパーナイフのメリットなんです。

ハイパーナイフでアブクラックス作り

筋トレと組み合わせてハイパーナイフを腹筋にかけていくことで、キレイな縦の溝を出すことができます。

アブクラックスは、ほどよく筋肉を付けつつも”女性らしく引き締まったボディライン”に見えます。

また、筋肉量が増えると基礎代謝が上がるので、どんどんリバウンドしにくい体質になっていきます。

体重が目標まで落ちてきたら、次のステップとしてアブクラックスを目指してみてください。

【PR】EMSも活用できる

例えば、美しいアブクラックスを作るためには「腹直筋」「腹斜筋」「腹横筋」の3つをバランスよく鍛える必要があります。

↑ピンポイントな筋トレは【EMS】もおすすめです。

ホームケアに活用してみてください。

 

スポンサーリンク

ハイパーナイフは痛いほどに効果があるのか?

これはむしろ逆で、痛いマッサージには効果がありません。

痛みを感じるほどの強いマッサージを受けると、筋肉を包む繊維から水分が抜けていってしまいます。

なのでハイパーナイフをゴリゴリ当ててくるお店は「下手」です。

→おそらくメーカーの技術研修をちゃんと受けていない可能性が高いです。

施術後に肉質がさらに硬くなってしまう恐れがあります。

 

ハイパーナイフは痛くない施術

ちなみにハイパーナイフ自体は痛くない施術です。

温めとマッサージによって痩身効果を出していきます。

「リラックスできる!」という口コミの方が圧倒的に多いです。

出典:ハイパーナイフは痛い?実際の利用者のクチコミをチェック!

 

痛みやすい人はいる

もちろん「痛みやすい人」はいます。

冷えていたり、すでに肉質が硬い人の場合は(普通の人が痛みを感じないような)軽いマッサージでも痛みを感じます。

まずはカラダを温めて固まった筋肉をほぐすことが優先になります。

ヒートマットもおすすめです。

 

優良認定店もおすすめ

ハイパーナイフの導入店で、かつメーカーの技術研修をしっかりと受けたサロンは「優良認定店」として公式サイトにもされています。

ハイパーナイフ導入サロン紹介サイト|株式会社ワム公式認定

ここに載ってるお店にはぜひ一度行ってみると良いでしょう。

「本物のハイパーナイフ施術」が体験できます。

 

安くて良いお店は見つけにくい

私の経験としては、安いお店は総じてお手入れ(マッサージ施術)が下手です。

もちろん「安くいて良いお店」は存在しますが、なかなか見つけにくいです。

下手なお手入れを120分受けるのは本当に時間の無駄なので、よく口コミなど確認した方がいいでしょう。

それでもどうしても安くエステをしたいのであれば、セルフエステやホームエステの方が効果が高いでしょう。

その場合も「痛いほどに効果はない」と覚えておいてくださいね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハイパーナイフと断食で痩せることはできる?

断食は諸刃の剣

ダイエットにおいて断食は『諸刃の剣』と言われています。

摂取カロリーを完全に遮断してしまうので、消費カロリーがそのまま減量につながります。

ただし、断食によってエネルギー消費を抑えようと徐々にカラダの代謝が低下していき、消費カロリーが減ってしまいます。

そのため、最終的には「摂取カロリーはないけど消費カロリーもない」という状態に落ち着いてしまうのです。

これは人間の生存本能によるものです。

よって断食はダイエットでも禁じ手になっています。

ハイパーナイフを使っても同じ

代謝を向上させる効果のあるハイパーナイフは、断食による代謝低下を抑えられる。

という理由で併用するダイエット戦士もいます。

しかしこれは誤解です。

やはり脳が飢餓状態を認識してしまっているので、ハイパーナイフをかけても代謝は上がっていきません。

場合によってはハイパーナイフの施術中に体調を崩す恐れもあります。事前カウンセリングで断食についての注意がある痩身サロンもありました。

ハイパーナイフ×断食 は、基本的には推奨されない手法であると知っておいてください。

一時的には効果大

補足しておくと、一時的には効果はあります。

ハイパーナイフによって代謝が上がり、そのまま摂取カロリーを0に抑えるわけですから、体重は一気に下がっていきます。

ただし 最長でも1日に抑えましょう。

また、飢餓によって栄養の吸収率が上がっていくので、断食後の食事は「吸収の良いもの」や「糖質の低いもの」を摂るようにしてください。

置き換えの方が良い

食事による脂肪の蓄積は、血糖値の上昇が一因になります。

そのため、現代では『糖質を抑えること』が重要だと言われています。

ご飯やパンを、玄米ブレントや低糖質のものに置き換えるだけで、脂肪の蓄積を抑えてくれます。

また お肉・特に豚肉から得られるタンパク質やビタミンBは、代謝を高めてくれるのでダイエット効果があります。

「なかなか痩せないな〜」と感じている方は、糖質制限を心がけてみてください。

スポンサーリンク