増税前の月に売上を上げられなかったサロンは経営が厳しいよ【辛口記事】

今回は辛口な内容の記事です。

2019年9月

増税前の最終月であり3連休が2度もあるという、サロン経営においてはボーナスステージです。

大幅に売上を上げられるサロンは増えているはずです。

実際に、私の運営しているいくつかのブログでも、エステ系の広告はコンバージョン率か倍以上です。

倍以上の来店率を達成したサロンは少なくないはずです。

逆に!!

もし今月に大きく売上を上げられなかったサロンさんは、ぶっちゃけ今後の経営は厳しいです。辛口な意見すいませんm(._.)m

言うまでもなく「今まで気になってた」サロンやエステに、これを機に行ってみるお客さんは圧倒的に多いこのタイミング。

このタイミングで客が来ないと言うことは、認知度が低い・興味を持たれていないと言う意味になります。

懐がきつくなる増税後は、集客が圧倒的にピンチです。

兆し

このピンチは、何かを変えていかなければいいけないと言う『兆し』でもあります。

現状を確認できたというのはプラスです。

具体的には、今の自分のサロンは「認知度が低い」「興味を持たれていない」という現状です。

この2点に注力しなければいけません。

まずは認知度UPから

広告・宣伝を強化して認知度アップをしていくところからがスタートです。

特にSNSがおすすめです。

今はSNSで知ったエステや店舗をGoogleで調べるような予約プロセスが一般的です。

具体的な取り組みとしては

  • SNSの発信を増やす。
  • SNS広告をする。

ここで大切なのは広告材料です。

最近のエステ界隈では、『ハイパーナイフ』や『ハイフ(HIFU)』のようにエステ術で検索する人が圧倒的に多いのです。

どちらかを導入しておくことは本当におすすめです。

逆にただのエステサロンというだけでは大手の独壇場なので集客がとても難しくなってきています。

店舗アカウントは必須

店舗でアカウントを作ることは必須です。

またSNSアカウントは「店舗名@〜〜」

と@の後にPRキーワードを付けることができます。

@ハイパーナイフ専門店
@ハイフ(HIFU)サロン

みたいにつけておくだけで、インプレッション数(表示回数)が格段に上がります。

ハイパーナイフは正規メーカーから購入しよう

ちなみにハイパーナイフは株式会社ワムさんから販売されています。

商標も意匠も登録されているので、ここ以外から購入すると、商用利用できません。(※広告やホームページにも載せられません。)

↑偽物防止のための『認定証』も発行されていますので、必ずメーカーからもらうようにしましょう。

>>株式会社ワムのハイパーナイフ