【高齢は関係ない?】先天異常(ダウン症)や流産してしまう妊婦の共通点とは?

先天異常や流産してしまう妊婦の驚くべき”ある共通点”とは?

実は今の医学レベルでは、先天異常や流産の真の原因というのはハッキリと分かっていないんです。あくまでも調査結果の「傾向として」高齢者の方がリスクが高いだけです。

どうしても「高齢だから?」「遺伝の問題?」「精子や卵子が弱っている?」「羊水に異常?」などネガティブなことを考えがちです。

高齢出産でもしっかりと健康で元気な赤ちゃんを出産している人も中にはいますよね。

ある共通点とは?

ただ、先天異常や流産をしてしまう妊婦さん達を調べたところ、驚くべき”ある共通点”が見つかったというのをご存知ですか?

(聞いたことがある人もあるかと思います。)

それが『葉酸』なんです!!

葉酸とは?

葉酸とは葉野菜、豆類、レバーなどに多く含まれるビタミンB群の1種で、妊娠を希望する女性にとって重要な栄養素です。というのも、葉酸は「赤ちゃんの健全な発育」や「血液を造る」ことに関わる働きをしているからです。

この葉酸が不足すると「先天異常」や「貧血」を起こすリスクが倍、高くなってしまいくことが研究でも明らかになりました。

そのため、

葉酸は平成12年12月28日に厚生労働省から先天異常のリスク低減のために「妊娠の可能性がある女性は通常の食事からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品(サプリ)から1日400μgの葉酸を摂取するよう」通知が出されました。

参照:https://www.mhlw.go.jp/www1/houdou/1212/h1228-1_18.html

実際に北海道大学の研究でも、妊娠前からの葉酸サプリメント服用はこれら奇形の危険を減少させるとともに,ダウン症児妊娠を減少させる可能性が示唆されています。

参照:https://ci.nii.ac.jp/naid/130000129033

なぜサプリからの摂取なのか?

ここで気になる、なぜ厚生労働省が栄養補助食品(サプリメント)から1日400μgの葉酸を摂取するように通知しているのか?

それは食事で摂っていくのが現実的に不可能だからです。

葉酸が多いと言われる50gのほうれん草でさえ、葉酸60μgです。1日400μgを取るとしたら、毎日ほうれん草350グラム(約2束分)食べなければなりません。

また、年々野菜の栄養価は下がってきています。

上の図のように、この50年で野菜の各栄養価は1/5にまで現象。(平成20年:国民健康栄養調査)

ほうれん草なら1キロ以上食べる計算になります。

これはほぼ不可能なことが明白なので、厚生労働省や各研究機関でもサプリメントでの摂取が推奨されているのが背景です。

 

おすすめの葉酸サプリ

一番有名なマタニティブランドは『ベルタ』です。

月々4500円で買える6ヶ月コースなどもあってお得です。

▶︎【ベルタ】葉酸サプリメント

 

【mamaru】のシリーズ葉酸サプリも人気です。

初期・中期・後期で配合成分が変わってきます。

6ヶ月などの縛りはないので、いつでも解約できます。重要な”妊娠初期”だけに絞って購入してもOKです。

▶︎妊娠初期〜後期の妊婦さんのためのサプリメント「mamaru」

 

スポンサーリンク