キャビテーションとエンダモロジーの違い

脂肪やセルライトに効果があると言われているエステ機器「キャビテーション」「エンダモロジー」

それぞれの原理や効果の違いを説明します。

キャビテーション

キャビテーションとは超音波により脂肪を溶かすエステ機器で、固有の機械名ではありません。
「キャビフル」「キャビリポ」などが有名ですが、これらはキャビテーションという施術を行える機械の名前です。

キャビテーションで痩せる仕組み

超音波によって小さな気泡が脂肪細胞の中に発生します。この気泡(キャビテーション気泡)の破裂した衝撃を利用して脂肪細胞を破壊することで、脂肪を血液中に溶かすことができます。

cavi_sibou

直接、脂肪を溶かすことができるので、キャビテーションによってダイエット効果が現れると、その後にリバウンドしにくい特徴があります。

エンダモロジー

エンダモロジーは機械名です。吸引とローラーによりセルライトを潰すことができます。
セルライトとは、脂肪細胞同士が結合し、肥大化した脂肪の塊のようなものです。

hs2

セルライトは燃焼しない

脂肪細胞は運動や筋トレで燃焼させられます。しかし、セルライトはちょっとやそっとの運動・筋トレでは燃焼しません。

エンダモロジーは、吸引とローラーによる協力なマッサージで、くっついてしまった脂肪細胞同士をバラバラにし、もとの燃焼しやすい脂肪細胞へ戻すことができます。

どっちの方がいいの?

脂肪を溶かせるキャビテーションの方がダイエット効果は良いでしょう。しかし、セルライトは脂肪細胞が固まってしまっているので、キャビテーションが効きにくいです。

脚や背中の落ちにくい脂肪(セルライト)にはエンダモロジーの方が効果があります。

最強の組み合わせ

エステサロンによっては、両方の機械が導入されています。

エンダモロジーでセルライトを潰し、ほぐれたセルライトの脂肪をキャビテーションで溶かす。という理論です。

これは非常に効果が高く、リバウンドもしにくいです。

 

セルライトはちょっとやそっとの運動・筋トレでは落とせません。エンダモロジーとキャビテーションを上手く活用し、理想の体型を目指しましょう。