脱毛はどのくらいの頻度で受ける必要があるのか

繰り返し施術が必要になる脱毛

脱毛というのは、一度施術を受ければすぐに完了するというものではありません。少しずつ毛根にダメージを蓄積させていくことで、再生してくるムダ毛の量を減らしていくことができます。

光脱毛の頻度

現在主流となっているフラッシュやレーザーを利用した脱毛方法は、メラニン色素に反応する特殊光を肌に照射することで、熱によるダメージを毛乳頭や毛母細胞に与えていくというものです。

定期的に施術を行うことで、そのダメージによってムダ毛が再生してくる力を奪っていきます。

施術の頻度は大体2ヶ月から3ヵ月に1回のペースです。光の照射は少なからず肌にも影響を及ぼすものですから、肌荒れを起こさないように一定の間隔を空けて脱毛をしていくことになります。”

施術の頻度は毛周期がポイント

施術の頻度に一定の間隔を空けることが必要になるのは、毛が生えてくる毛周期にも深く関係しています。

毛周期というのは毛が生えて伸び続ける成長期、成長を終えて抜けるのを待つ退行期、そして、抜け落ちて次の毛が生えてくるまでの休止期に分けることができます。

このうち光を使った脱毛で効果を得られるのは成長期の段階にある毛のみです。

ムダ毛が成長期なるタイミング

施術を行っても照射範囲にあるムダ毛のうち、成長期にあるのは3分の1程度ですから、その他のムダ毛には効果が表れません。そこで、前回の施術で退行期や休止期にあったムダ毛が成長期に来るタイミングで照射できるように、2ヶ月から3ヵ月の間隔を空けなければならないのです。

逆にいえば、頻繁に施術を行っても、脱毛効果がアップするということはないということになります。

完了までにかかる期間は長く見ておくこと

脱毛の頻度が数ヶ月に1回になることから、脱毛を完了させるためにはある程度長期間かかってしまうことを覚えておくことが必要です。

施術を受けた後、成長期にあるムダ毛に効果が表れれば10日ほどで抜け落ちてきますが、その後しばらくツルツルの状態が続いた後に再びムダ毛が生えてきます。

これを何度も繰り返していくうちにどんどん再生してくる毛の量が減ってきて、最終的に生えてこない状態にするのが目標です。

まとめ

施術を受ける部位やムダ手の生えかたによる個人差もありますが、1年半から3年程度は施術を受け続けなければなりません。

そのため脱毛サロンや医療機関を選ぶ際には定期的に利用がしやすい、利便性がよくて通いやすい立地にあるところで脱毛を受けることをおすすめします。