エステサロンの売上が下がっているときに絶対やってはいけないこと

下記はいずれも売上げ減少したときに行う「手」ですが、どれもやってはいけないことです。

① 値上げをする

価格は基本的にいじってはいけません。値上げは、客数減を客単価アップでカバーしようとすることです。いっときはそれで売上が回復しても、さらなる客数減を招いてしまいます。

② 値下げをする。

客数が落ちているときに値下げをしても、客数は回復しません。今後の客単価も下がってしまい、売上の回復はさらに見込めなくなります。

③ メニューを増やす。

多くのサロン様が、新メニューを導入し新規客を獲得しようとします。

しかし、売上が減少しているときはメニュー数はむしろ絞り込まなければなりません。宣伝・PR活動も主力のメニューだけに集中させましょう。

④ 営業時間を延長する

延長してダラダラと営業をしても、スタッフの疲れがたまり、メニューやサービスの質が落ちて、人気はさらに下落します。売る時間を明確に定めて、その時間帯を強化しなければ、人気の回復はあり得ません。

⑤ 人を減らす。

お客が減ったから、人(スタッフ)も減らす。これは最悪の「手」です。サロンのレベルがさらに落ち、客数減少にさらに拍車がかかってしまいます。なかなかやりきれることではありませんが、人を増やし(維持し)、教育・訓練の時間を増やし、現場の底上げをすることこそが、売上回復につながります。



人気の回復

売上の減少は、客数が減ることです。つまり、人気が落ちている状況なのです。よって、やるべきことは「店の人気の回復」です。

具体的には、主力メニューの価値を高め、接客レベルを上げることです。

その観点からすると、前述の①~⑤がすべてやってはいけないことだということがわかります。

あなたがやるべきこと

オーナー様がやるべきことは、サロンに張り付くことです。そして、原因を徹底的に分析することです。

立て直しの方針をスタッフに明確に指し示しましょう。自分自身が「体を張る」姿勢を見せない限り、真の人気の回復はありません。