エステサロンを経営する

自宅でサロンを開業するメリットとデメリット

自宅・持ち家の一部をサロンスペースとして活用する開業スタイルです。基本的にはマンション開業と同じメリットとデメリットがあります。

加えて、以下のようなメリットとデメリットが挙げられます。

 

メリット

内装は自由

自宅ですので、気兼ねなく内装工事を行うことができます。自宅サロンの中には高級サロンにも匹敵するような内装のお店もあります。

時間を有効活用できる

自宅ですので、通勤の時間が必要ありません。空いた時間に家事などもできます。「まず開業してみる」「趣味感覚」「高単価な副業・内職」という気持ちなら、自宅開業が最も低リスクな開業スタイルになります。

見込み客は多い

事前の関係づくりや準備方法にもよりますが、近所の知り合いや友人などが集まってくれます。

 

デメリット

生活スペースとの分離

エステティックサロンは日常では味わえない特別な空間でなくてはなりません。サロンスペースと生活スペースを分けないと、お客様に生活感・日常感を与えてしまいます。せっかくの「癒し」「非日常」な雰囲気を損ねてしまいます。

家族の理解

同居する家族には少なからず負担をかけてしまいます。家族からの理解・協力は必要です。

 

\開業パッケージあり/

サロン開業する場合には集客に苦戦したり、せっかく開業しても資金繰りが上手くいかず 閉店してしまうケースもあります。できるだけ認知度があって経営サポートが充実している"エステマシン"を購入することで無料でさまざまな開業・運営サポートを受けることが可能です。

「サロン経営の秘訣を知りたい!」「お客様の集まるサロンにしたい!」「自己資金が準備できない…」「何から始めていいかわからない…」という方は、サポートが充実しているメーカーからのマシン購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

美容整形

-エステサロンを経営する