「お客様が来ない・・・」エステサロンの顧客離れを防ぐためにやるべき対策

お客様の離脱

サロンに来られたお客様に全力を尽くすことは当たり前です。

当然あなたも、来店されたお客様に対して「どんなサービスを提供しようか?」「接客態度に問題はないだろうか?」というようなことをしっかりと考えられていると思います。

「サービス内容には満足してくれた」「接客対応も良かった」「『また来たい!』と言ってもらえた」

・・・が、しかし!
それでもなぜかお客様が来店しなくなってしまう、いわゆる「顧客離れ」

とてもショックですよね。

この顧客離れの根本的な原因とはなんなのでしょうか?
どんな対策をすればいいのでしょうか?

接触頻度を増やす

信じられないかも知れませんが、あなたの院から患者さんが離脱してしまうのは、単純に「忘れられているから」なんですね。

「え?いやいや。これだけ通っていて忘れるはないでしょう?」

って思われるかも知れないですが・・・・・・これが離脱の真実なのです。

エステは行かなくてもいいもの

たとえば、理容室や美容室のように「髪を切る」というサービスを提供するサロンは、お客様も行かなければ行けない場所です。髪を切らない人は、そうそういないですよね。

その他にも、治療のために通うクリニックなども行かなければいけない場所です。どんどん病状がひどくなってしまいます。

ところが、エステサロンのような 癒し、マッサージ、美容・健康を提供する場所は「行かなくてもいい場所」と認識されています。

効果を出すためにはサロンにも定期的に通うことが望ましいのですが「髪を切る」「治療をする」場所に比べると、通わないことへの危機感は薄れています。

再来を促す

あなたはお客様に対して全力を尽くすことを「来店の時だけ」と考えていませんか?
離脱を防ぐために本当に必要なことは来店されていないお客様への対応にも全力を尽くすことです。

SNSやDM・手紙などを活用してお店を離れたお客様に全力を尽くすことをしましょう。

あなたは店外のお客様への対応をいくつしてあげられるでしょうか?