エステサロンを経営する

エステサロンでリピート率を向上させるためのイメージ作り

自分のお店の「イメージ作り」を意識していますか?

エステサロンの売上アップのためには、リピーター客の確保が非常に重要です。

 

【前提】リピートされないサロンは潰れる

まず 辛口コメントからですが「リピート客が半分以下」のエステサロンは潰れる可能性が非常に高いです。

これはコロナ騒動によって明確に分かれました。

リピート客をしっかりと作っているお店は、行動制限があっても安定的に客足を取り戻すことができ、売上を大幅に落とすことなく経営をお店を続けられました。

逆に、新規ばかりで回してお店はほとんど潰れました。

「リピートされている」ということはエステサロンの雰囲気・サービスや、スタッフの施術・技術に満足してもらえている証です。

リピートされていないのであれば、満足されていない(期待を上回れていない)証です。

早急に手を打ってください。

 

お店のイメージ

一度でもサロンをご利用いただいたことのあるお客様は、あなたのお店のことを分かってくださっています。

「このサロンは大人ニキビに効果がある」「このサロンは小顔になれる」などと、他にも多数のエステサロンがある中で、あなたのお店のこと覚えていてくれようとします。

まずはこんな風に、お客様が個々のお店に対して「このサロンの○○は良い!」と覚えてもらうことが大切です

↑ 〇〇の部分がなんなのか?

もし明確ではないのだとしたら、今からじっくりと考えてください。

 

具体的なイメージを作る

どのようなイメージをお客様に覚えて貰ったら良いでしょうか?

「あのお店はエステサロンだ」
「あの店はフェイシャル専門のサロンだ」
「あの店は大人ニキビに反響のあるフェイシャルサロンだ」

一番下のように、単なるエステサロンとして認識されてしまっては、お客様が「あの店にエステを受けに行こう」と行動するモチベーションになりません。

 

困った時に思い出してもらう

フェイシャルが凄いサロン、さらには大人ニキビの悩みを扱ってくれるサロン、と認識されておけば、「大人ニキビがひどくて困ったな〜」とお客様が感じられた際、「たしか、あのサロンは大人ニキビの改善に反響があったな」と思い出し、来店していただける確率が上がります。

エステサロンにおいてリピーターを増やしたいのならば、まずはお客様にどのようなイメージを持ってもらうかを検討してみてください。

これから先はいつ"行動制限"がかかるかわかりません。『ただのエステサロン』になってしまったら、またあのサロンに行ってみよう!!とはならず・・そのまま忘れ去られて終わりです。

こちらもCHECK

エステティシャンなら一度は通っておきたいサロン【経営者も必見】

たかの友梨 大手エステサロンで一度は行っておいたほうが良いのは【たかの友梨】さんでしょう。 なんといっても、内装のゴージャスさ!「これぞエステサロン!」という感じです。 スタッフさんも終始丁寧な対応。 ...

続きを見る

 

「サロン経営の秘訣を知りたい!」「お客様の集まるサロンにしたい!」「自己資金が準備できない…」「何から始めていいかわからない…」という方は、サポートが充実しているメーカーからのマシン購入を検討してみてはいかがでしょうか。

\開業パッケージあり/

 

スポンサーリンク

美容整形

-エステサロンを経営する