エステサロンを経営する

エステからパーソナルトレーニングへの参入は大変

一対一でトレーニング・食事指導を行うパーソナルトレーニングというものが流行っています。

普通のジムやフィットネスクラブと違い、1人分のトレーニング機材だけを揃えればいいので、初期費用は大きくありません。

痩身メニューを取り扱うエステサロンには、おすすめの事業展開です。

 

痩身メニューの欠点

エステサロンで行う痩身メニューには、その場で体重が落ちないという欠点があります。

体重を落とすためには脂肪を燃やす必要があり、脂肪を燃や手段は運動か食事制限しかありません。

エステの施術はマッサージや温熱機器によって脂肪を溶かすことはできても、燃焼させることはできません。

 

パーソナルトレーニングで脂肪燃焼

そこで注目されているのが、パーソナルトレーニングです。

体重を落としたい!
脚を細くしたい!
食事は制限したくない!

このようなニーズに合わせた、その人だけのトレーニングメニューを実現させます。

 

パーソナルジムが痩身エステ

その逆に、パーソナルジムが痩身エステをはじめるところが増えています。

この場合、ベッドやエステルームを設置する費用がかかります。

運動だけでは、狙った部位だけを細くしていくことは難しいのです。

痩身エステを組み合わせ、細くしたい部位の脂肪を燃焼しやすくしてあげることで、理想のボディメイクを可能にします。

有名な『ライザップ』も、エステと一緒に受けられるサービスを始めています。

「RIZAP WOMAN」は…女性の艶やかな美ボディにコミットするというコンセプトのもと、今回オープンする池袋西口店においては、セルフエステマシンを新たに導入し更なる女性の美を追求してまいります。

ボディメイク×セルフエステでワンランク上の美と健康にコミット。RIZAP WOMANがボディメイクサロンをOPEN!|PR Times

痩身機器を導入すれば、エステ初心者の人でも、しっかり効果を出せます。

こちらの展開のほうが参入障壁は低いでしょう。

 

パーソナルトレーニングへの参入は大変?

エステからパーソナルトレーニングを展開するのは、意外と大変です。

まず、自らが美ボディであることは最低条件です。・・・パーソナルジムのトレーナーさんは、みんなスタイル良いですよね。

また、パーソナルトレーニングは、自分も一緒に運動することが必要です。自分もかなりの体力を消耗します。

 

トレーニングの知識も不可欠

エステの知識だけでなく、筋トレの正しい知識を身につけていくことも不可欠です。いろんなトレーニング方法があって、実戦レベルに覚えるのが超大変です。

これをお客様ごとに「どのトレーニングがいいか」考えて提案していくわけです。

大手のパーソナルジムでは店舗間でもカルテを共有しているので『どんな人が・どんなトレーニングがいいか』膨大なデータから最適解を出しています。

 

パーソナルトレーニングの障壁が高いと感じる方は、業務用EMSがおすすめです。

 

痩身メニューとEMS

電気信号により筋肉運動を促進し、脂肪を燃焼させるマシンです。

シックスパッドが有名ですが、さらに出力の高いエステ用のEMSもあります。→『楽トレ』や『ハイパーウェーブ』が有名です。

EMSは通常のトレーニングと違い、寝ているだけでもカロリー消費ができます。痩身メニューの一環として取り入れているサロン様は多くいらっしゃいます。

ぜひ、「体重を落としたい!」というニーズに答えられるサロンを目指しましょう。

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-エステサロンを経営する