エステサロン集客の基本中の基本

エステサロン集客の基本中の基本は「お金をかけること!」です。

無料で集客!
お金をかけずに集客!!

っていうコピーに引っ掛かる気持ちはわかります。

が、うまくいっているサロンは集客にお金をかけます。

筆者が店舗責任者をしていた時代も、集客は常に課題になっていました。社長からも「集客のアイデアを出せ!」と言われ続けましたが、同時に「お金はかけていい」とも言われました。

実際にその会社のサロン経営はかなりうまくいっていました。

お金をかけない方法

SNSやブログなど、もちろんお金をかけない集客方法もあります。
しかし、そのような方法には「時間」がかかります。ブログやHPも、勉強さえすれば自力で作れます。無料のサービスもあります。

しかし、このようなツールで集客できるようになるには「時間」を投資しなければなりません。

無料で集客できたとしても、技術がなければお客様は満足してくれません。素晴らしいサービスを提供できなければ、お客を集めても意味がありません。

集客の時間は技術練習に当てたほうが、経営的にはお得なのです。

LTV(ライフタイムバリュー・顧客生涯価値)

やみくもにお金をかければいいワケではありません。限度はあります。

サロン集客の費用は「一人のお客様を集客するお金」が「一人のお客様のLTVの25%」を超えてはいけません。

もし、一人のお客様のLTVの25%超えるようなら、その集客ツールによる集客活動は失敗です。ツールを変えるか、LTVを上げる努力をしましょう。

まとめ

本カテゴリーは経営者・店舗スタッフ向けの記事が多くなります。お客としてエステに通っている人にはちょっとショッキングな内容が多いかもしれません。

が、ブログは誰でも見ることができるツールなので、ここからはエステのお客様になる人向けの内容にしてみようかなと思います。

 

広告にお金をかけているエステサロンは、集客の時間を技術練習に当てています。つまり、技術レベルの高いエステサロンです。

「またこの広告かあ〜」「お客いなくて困ってんのかな?」と 警戒せず、その背景にしっかり目を向けて見ましょう。
お金のあるエステサロンは、成功しているエステサロンなのです。

広告をバンバン出してるエステサロンはおすすめです。