脱毛サロンと医療脱毛の脱毛完了までの期間の違い

脱毛サロンで全身脱毛を行う場合

脱毛サロンで全身脱毛を行う場合、個人差はあるものの、脱毛完了までの目安は12回~18回程度と言われており、期間で考えると2?3年程度必要と言われています。

これは、全身脱毛の場合、毛周期に合わせて脱毛を行う必要がある為、1か月に何度も脱毛を行う事ができないためだと考えられます。その他、多くの脱毛サロンでは、月に2回しか通う事は出来ず、また、2回の施術でやっと全身1回分となっているところも多くなります。

場合によっては3年以上

その上、予約が取りにくい脱毛サロンの場合、毎月通う事が難しいと言うところも多く、その結果、場合によっては3年以上、脱毛サロンに通い続け脱毛を進めて行かなければいけない人もいます。

そう言った事から、脱毛サロンで脱毛を行う際は、長期間通い続ける必要があると分かったうえで利用する事をお勧めします。

医療機関で全身脱毛を行う場合

脱毛は、医療機関でも行う事も可能です。医師が在中する機関で行う脱毛と言う事で、そこでしか認められない高い出力で脱毛を進めることが可能になっています。

その為、1回の脱毛で高い効果を得る事ができ、回数的には5回から8回程度の施術で全身脱毛を終了する事ができると言われています。

5回から8回程度の施術となれば、期間としては早い所で半年・長くても2年以内には全身脱毛を終了させる事ができると言う事になります。

永久脱毛

脱毛サロンとは違って、永久脱毛と言えるのも医療脱毛のみとなっており、一度、全身脱毛を終了する事ができれば、二度と脱毛を行う必要もありません。

そう言った事から考えても、かなり、短期間で全身脱毛を行う事ができると言えると思います。

脱毛サロンと医療脱毛を比較した場合

脱毛サロンでの脱毛と医療機関での脱毛を比較した場合、脱毛期間で考えれば、圧倒的に医療脱毛の方が早い期間で脱毛を終了させる事ができると言えます。ただし、医療脱毛の場合、痛みを伴う事もあり、その事を気にする人も少なくありません。

また、費用においても医療機関と言う事で、脱毛サロンに比べ、1回の脱毛料金は高めに設定されています。

そのため、脱毛サロンと医療脱毛を比較した場合、医療脱毛の方が高いと言われているのですが、短期間で全身脱毛を行う事ができると言う事を考えるとトータルコストで考えた場合、一概に医療脱毛の方が高いとは言い切れないかと思います。

永久脱毛と言えるのも医療脱毛のみ。その為、短期間で永久脱毛を行う事ができるかと思えば、そう高いものではないと言えるのではないでしょうか。