メソセラピー(脂肪溶解注射)は効果ない?

美容クリニックでは、脂肪を破壊する注射液をうつことで減量させる手法があります。

「脂肪注射」「脂肪溶解注射」「メソセラピー」などと呼ばれます。

脂肪溶解の仕組み

使用される注射液の主な成分は、大豆から抽出されたホスファチジルコリンというもの。

注射によって皮下脂肪に入り込んだフォスファチジルコリンは脂肪細胞を溶かします。

「脂肪溶解注射」などと呼ばれるわけです。

メソセラピー(脂肪注射)は効果ない?

本題ですが、顔などの小さい部分には効果があります。お腹や太ももなどの大きい部位にはほとんど効果がありません。

脂肪を溶かす物質を体内に注入するわけですから、一度に大量の液を注入することはできません。

脂肪が多い部位では、溶けた脂肪は急速に補われてしまいます。

また、急速に脂肪が落ちたので「急いで脂肪を補給しよう」と体がシグナルを送ります。

お腹や太ももなどの大きい部位への脂肪注射は、逆に太る原因になることもあります。