インディバ

ヒアルロン酸豊胸したらインディバは受けられない?より長持ちさせる方法は

ヒアルロン酸豊胸を受けるメリットは。

  • 処置時間が短い
  • ダウンタイムが少ない
  • 傷跡をほとんど残さず豊胸できる
  • 自然な形のバストを作れる

また、昔は「すぐ戻っちゃう!」みたいに言われていましたが、今はずいぶん成分も改良されて2〜3年は効果を維持できるようになっています。

 

インディバ

インディバは、バストアップメニューとしても人気のラジオ波エステです。

深部から行う温熱効果で女性ホルモンの分泌を促す効果があります。

育乳にもっとも有効なのが女性ホルモンです。

定期的にインディバを受け、バストマッサージをすることでバストアップができます。

 

インディバの結果が嬉しくなって「さらにバストアップしたい!」とモチベーションがかかり、ヒアルロン酸豊胸をする人も現れてきます。

・・・では、併用してインディバは続けられるのでしょうか?

 

ヒアルロン酸豊胸したらインディバはNG

結論から言えばヒアルロン酸豊胸を受けたらインディバを受けることはできません。

術後のマッサージや強い摩擦は控えるように言われます。一時的にではなく、少なくとも効果が持続する2〜3年間のスパンでNGです。

 

インディバの温熱効果でヒアルロン酸が溶けやすくなります。持続力が下がります。

胸部へのエステマッサージも避けた方が良いです。

健康的な面でいえば受けても良いのですが、豊胸効果が減っていくのでメリットはありません。

 

ヒアルロン酸豊胸の効果を伸ばすには?

基本は何もしないです!

摩擦や余計な圧がかからないように、サイズにあった下着を新調することが大切です。

"バスト位置を正す"補正下着なども使わないようにしましょう。

無理な力がかかるので、マイナス効果の方が大きいです。

 

規則正しい生活を!

少しでも長持ちさせるには、睡眠・運動・食事といった"規則正しい生活"を送ることも大切です。

もともとヒアルロン酸は肌の水分量を保ち、肌の細胞の弾力性をキープする上で必要な成分です。他にも軟骨や角膜の水分量を維持するのに使われています。

例えば、睡眠不足や運動不足、食生活の乱れ、過度なストレスが溜まったりすると、体内でヒアルロン酸の生成ができにくくなります。

必要量のヒアルロン酸が作られず不足していくと、不足分を補うためにどんどん胸部に注入したヒアルロン酸が吸収されてしまいます。

 

すると、せっかく「ヒアルロン酸注入の豊胸手術」を受けて理想的なバストになってもサイズダウンしたり、形も崩れやすくなり、効果が長持ちしなくなるのです。

 

しこりについて『5%の確率』

ヒアルロン酸の種類やクリニックの医師の技術によりますが、約5%の確率でヒアルロン酸がしこりになる可能性があります。

しこりとはヒアルロン酸が体内に吸収される際、一部が体内に残り被膜が覆い固まってしまう現象です。

万が一しこりができてしまった際は、ヒアルロニダーゼと呼ばれるヒアルロン酸を溶解する酵素を使用して、しこりを分解します。分解されたしこりは体内に吸収されます。

『アフターサービスが充実しているか?』もチェックした方がいいでしょう。

 

おすすめはここ

TCB東京中央美容外科の豊胸は「PURE JEWEL」と「PURE FEEL」という独自開発されました2種類のヒアルロン酸を使用しているのが特徴です。

このヒアルロン酸は『柔らかさ』と『持続期間』にこだわり、本物の胸のような自然な触り心地を長期間キープしやすくなっています。

また、1cc 850円(税込)から施術を受けることが可能。他の美容クリニックと比較してもリーズナブルな価格帯なので、なるべく安く豊胸したい方におすすめです。

TCB東京中央美容外科 公式サイト

 

※アフターサービスについて

TCB東京中央美容外科では治療にトラブルが発生した際は、すべて無料にて修正・回復・アフターケアを行います。また、各メニューの施術プランによっては「問題なく治療は終了したけど、やっぱり別の形に変えたくなった」場合の保証期間を設けており、期間内であればご要望に応じて再治療を行うことも可能です。

引用:TCBが選ばれる4つの理由

 

スポンサーリンク

美容整形

-インディバ