脱毛

ムダ毛の自己処理をやめるべき重大な理由【肌老化を進める原因の第1位です】

ムダ毛の自己処理をしている方は多いと思います。

しかし、その自己処理というのは肌を傷つける行為です。今すぐにやめましょう!

もしアナタが今、カミソリで自己処理をしているなら『肌の角質』まで削りとってしまっています。

これは乾燥の原因になったり、最悪 切り傷になったりしてしまいます。

 

ちなみに『ワックス脱毛』は、剥離が強すぎておすすめできません。

一時的に毛は抜けますが、無理やり引っこ抜いている状態なので、毛穴が炎症を起こす可能性も否定できません。

 

以下、自己処理をやめるべき『重大な理由』をご紹介します。

 

理由1:乾燥などの肌トラブルが起こる

カミソリで自己処理をすると、カミソリ負けを起こして、肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりします。

これは、肌に大きなダメージを与えている証拠です。

肌にダメージを与えるとともに、乾燥しやすい状態の肌にしてしまっています。

 

バリア機能が低くなっているので、紫外線のダメージも防ぐ力が弱まります。(ヒリヒリして日焼け止めを塗るのも億劫になります。)

この肌状態は老化を進める原因の第1位です。

 

理由2:毛嚢炎や埋没毛などになる

自己処理が原因で、毛嚢炎や埋没毛になるリスクが格段に上がります。

 

毛嚢炎とは?

毛根がブドウ球菌に感染して起こる炎症の一種です。

肌が弱っているときにかかりやすい肌トラブルです。原因は不衛生な環境や器具を使って自己処理をしていることです。

不衛生な器具や傷からブドウ球菌が侵入して、毛根まで菌が行きつき発症します。

悪化するとニキビのような見た目になり、熱をつこともあります。最悪の場合、跡が残ることもあります。

 

埋没毛とは?

カミソリや、毛抜きで自己処理をした後に起きやすい肌トラブルです。

毛が生える前に皮膚の再生サイクルの方が早く、毛穴がふさがってしまい、毛が表面に出てこれなくなってしまいます。

 

『皮膚の下で』毛が伸びるのでどんどん肌を傷つけていきますし、自分で取ろうとすると後が残ってしまいます。

カミソリで自己処理を続けると知らない間に、皮膚がかたくなることもあり、それも原因の一つです。

 

理由3:黒ずみの原因になる

自己処理を繰り返すことで、肌が炎症を起こしメラニンの働きが活発になって黒ずみが発生します。

この黒ずみは色素沈着が原因なので、そう簡単に落とせるものではありませんし、将来になって出てくることもあります。

レーザー治療で取ることもできますが、濃さや大きさによっては複数回受ける必要もあり、最終的に脱毛と同じくらいの費用がかかることもあります。

 

おすすめは医療脱毛

自己処理の回数もほぼゼロになる『脱毛』がおすすめです。

初期コストは安くありませんが、長い目でみると肌への負担もなくなり、自己処理の手間もなくなり、良いこと尽くしです。

早いうちに脱毛するほど、乾燥による紫外線ダメージも防げるので、肌老化の予防にもなります。

 

肌が弱い人ほど、少ない回数で完了できる "医療脱毛" の方がおすすめです。

おすすめはここ

TCB東京中央美容外科は安く医療脱毛の施術を受けられるだけではなく、施術時間が短いので肌への負担を抑えたい人・乾燥は肌のに人にもぴったりです。

【照射範囲】
クイックプラン:全身(VIO・顔・うなじを除く)

【所要時間】
クイックプラン:約45分

【料金】

クイックプラン:3回コース 69,800円
クイックプラン:5回コース 98,000円

TCB東京中央美容外科 公式サイト

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-脱毛