ハイフ(HIFU)

40代以降の「もたつきたるみ」にはハイフ(HIFU)はほぼ効果なし

40代以降で現れる「もたつきたるみ」

40代を超えると皮下の脂肪やコラーゲンが極端に減少することで皮が余り"もたつき"を伴うたるみが気になり始めます。

いわゆる【ブルドッグ顔】になってきて悩むのは60代前後の方が最も多いのですが、40代以降からも徐々に現れてくる傾向にあります。

 

コラーゲン・脂肪など、肌の弾力に必要な成分は、40代になると半分以下に減少していきます。

予防をするのであればこの頃からになります。

ハイフ(HIFU)が選択肢として思い浮かぶと思いますが、もたつきが始まってしまったら効果は期待できません。

 

ハイフ(HIFU)とは

ハイフ(HIFU)とは、高密度超音波で皮膚の内側を焼き、肌を引き締める施術です。

たるんだ頬が引き締まる仕組みは、焼肉で加熱した肉が縮むイメージと同じです。

 

痛みやダウンタイムがない反面、ハイフで皮膚を引っ張り上げられる力はそこまで強力ではありません。肌がたるみ始める30~40代に最適な治療です。

逆に、40代以降の"もたつき"が始まった皮膚では、ハイフによる効果だけでは十分に持ち上げきれません。

 

40代以降の方には、たるみの状態によって以下の2つの治療方法になります。

 

①糸リフト

細い糸を皮膚の下に通して顔をリフトアップする施術です。

糸の張力で皮膚や皮下組織を持ち上げるやり方で、ハイフよりも大幅なリフトアップ効果が期待できます。

 

糸といっても特殊な糸で、最終的に溶けてなくなります。

また、溶けてなくなる頃にはコラーゲンに変化していて、効果は持続します。

なくなってしまったコラーゲンの補充にもなるので、もたつきを解消していきます。

 

②脂肪注入

脂肪が減ることで皮があまってもたつきます。

なので、なくなってしまった脂肪を補っていきます。

太ももなどの比較的多い部分から脂肪を吸引し、頬などに注入します。

プチ手術を2段階行う感じです。

 

若いうちのハイフはほどほどに

"顔は特に" 歳をとるにつれて脂肪がどんどんつきにくくなります。

若い頃にハイフをたくさん受けたり、脂肪溶解注射などで脂肪を落としすぎてしまうと、皮下の脂肪細胞がさらに増えにくく、この頃になって悪影響が出ることもあります。

 

最近は20代の人もハイフを受けているみたいですが、ハイフは同時に皮下の脂肪も少しずつ破壊されてしまいます。

若いうちの顔痩せは、ほどほどにしておいてください。

▶︎ハイフ-HIFU-の20代の人への効果【逆効果になることも!?】

 

どっちの方が効果ある?

糸リフトと脂肪注入に関しては、「どっちが良い」は一概にわかりません。

もたつきたるみの状態によって最適な方法が違うので、実施にカウンセリングで診てもらうのが1番です。

 

ただしクリニックによっては「うちでは糸リフトができない」「うちは脂肪注入を扱ってない」なんてこともあります。

そもそも選択肢が少ないので、本当は脂肪注入の方が良いのに糸リフトになったなんてこともあります。

無料カウンセリングを受けるなら、できるだけメニューが豊富なクリニックがおすすめです。

 

おすすめのクリニックはここ

湘南美容外科の糸リフトで痛かったと答えた方はわずか5%です。特に『プリマリフト』という施術は痛み・腫れがほとんどありません。

料金も他のクリニックよりは安め、さらにリピーター割がとにかく安いという特徴があります。

糸リフトは、数年おきに継続して受けることでたるみ予防にもなります。リピーター割を利用し、若々しい肌を維持しましょう!

本数 通常価格 リピーター割
2本 27,300円 23,200円
4本 53,500円 45,470円
6本 78,300円 66,550円
8本 10,7900円 91,710円

湘南美容外科 公式サイト

 

スポンサーリンク

美容整形

-ハイフ(HIFU)