ハイフ(HIFU)

ハイフ-HIFU-の20代の人への効果【逆効果になることも!?】

ハイフ(HIFU)とは、超音波を1点に集中して肌に当てることで

・脂肪を減らす効果
・コラーゲンを増やす効果
・引き締め効果

などの効果が期待できます。

しかしながら20代でハイフ(HIFU)を受けると逆効果になることもあります。

理由として、そもそも20代はターンオーバーも正常でバリア機能もしっかり働いているからです。

角質細胞の面積は年齢と共に漸次大きくなる傾向を示した。角質細胞の大きさは角層のターンオーバ ー速度と密接に関係しており,ターンオーバーが速いほど面積が小さくなることが知られている。

今回の実験から加齢と共に角質ターンオーバーは遅くなることが示唆された。

引用元:加齢に伴う顔面皮膚の生理的・形態的変化より

ハイフ(HIFU)はコラーゲンを増やしたり、引き締め効果に期待できますが、20代前半ならあなたは肌のハリもツヤも美容の絶好期です。

もちろん、寝不足や栄養不足などで"一時的に"肌の調子が悪くなることもありますが、基本的には生活習慣の改善とともに改善されていきます。

よって、20代の肌にハイフ(HIFU)を照射しても、無意味に終わる可能があります。

※場合によってはシミが増える原因にもなります。

こちらもCHECK

ハイフ-HIFU-でシミは薄くなる?「むしろ増えます!」

HIFU(ハイフ)に毎月一回のペースで通っていますが、4ヶ月過ぎた頃から顔全体にくすみが広がって来て、 細かいシミが顔全体に沢山増えて来ました。…ハイフはエステで受けています。 Yahoo!知恵袋:h ...

続きを見る

 

20代のうちに脱毛を

もしも 20代で肌に悩みがあるなら、当サイトでは『脱毛』をおすすめしています。

エイジングの原因の8割は紫外線ですが、それ以外で肌荒れやシミを引き起こしているのは、肌に傷つける『ムダ毛の自己処理』がほとんどです。

自己処理の後はバリア機能も弱くなるので、紫外線のダメージもさらに受けやすくなります。

加齢とともにバリア機能はさらに弱くなります。早めに脱毛を行うことは自己処理の回数を減らせる期間がより長くなるので、より効率的なエイジング対策になります。

また20代は肌の回復力も高いので、今のうちに医療脱毛でサクッと終えてしまいましょう。

ただし医療脱毛には多毛症のリスクもあるので、毛がうすい人にはサロン脱毛の方がおすすめです。詳しくは「医療脱毛のメリットとデメリット」で解説しています。

 

20代でハイフを受けるなら!!

症例が豊富な上に料金も安い『湘南美容クリニック』です。輪郭スッキリQ+は10,20代にもオススメされています。

全国に100院以上展開している大手美容クリニックで、数多くのハイフ治療実績があります。

施設名 湘南美容クリニック
機器 ウルトラセルQ+・ウルセラリフト・ソノクイーン
価格 (税込) 1回:30,000円
3回:80,000円
営業時間 10:00~19:00
休診日 なし

詳しくはコチラ

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-ハイフ(HIFU)