ハイパーナイフ

医療アートメイクをしていてもハイパーナイフは受けられる?【おでこは避ける】

医療アートメイク

医療アートメイクとは、皮膚の極浅い部分にインクを注入し着色していくメイクです。

タトゥーとは違って時間の経過によって徐々に薄まりますが、平均して1~3年は残ります。

通常のメイクと違い、その間は「水や汗がかかっても」「手でこすっても」落ちないので メイク直しの必要はありません。

毎日のメイクの"時短になる"という点から人気を集めています。

医療アートメイクの料金相場は?【料金=腕の良さです】

 

ハイパーナイフは受けられる?

ハイパーナイフとは

高周波によって短時間で深層部まで温め、脂肪を燃焼・たるみを引締め、強力リフトアップ!
温めることで血行やリンパの流れが良くなり、二重あごや顔のむくみの改善に効果的。
お顔青色LEDには、ニキビの原因になるアクネ菌を殺菌し、ニキビ治療・予防する効果も!

 

アートメイクに使うインクには微量ですが金属が含まれます。

高周波は「電気」なので、金属に強く反応します。

 

よって、ハイパーナイフは金属部分への施術はNGになります。(←火傷のなる恐れがあります。)

ただ、結論としてはアートメイクをしていてもハイパーナイフを受けることはできます。

 

アートメイクはほとんどの人が「眉毛」か「アイライン」に行います。

ハイパーナイフは眉毛や目に直接接触することはあまりないので、金属部分への施術になりません。

アゴやフェイスラインも普通に受けられます。

 

おでこは避けた方が良いです

例えば、眉毛に近いおでこは避けた方が良い部位ですね。
フェイシャルエステではおでこを引っ張りあげて、顔全体のシワを伸ばす施術もあります。

うっかり眉毛にハイパーナイフが当たる可能性もあるので危険です。

念のためエステティシャンには伝えましょう。

気づいてくれることもあります!(さすが美容のプロ!)

 

吸引エステもおすすめ

おでこに施術するなら別のエステがおすすめです。

おでこに使うのであれば、電気を使わない「ハイパーシェイプ(吸引エステ)」がおすすめです。

吸引によって繊維芽細胞を刺激し、コラーゲン生成を促します。

おでこのシワ改善・引き締めによるリフトアップが期待できます。

その他の効果については「【フェイシャル施術可能】ハイパーシェイプには小顔効果もあり!」も参考にしてください。

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-ハイパーナイフ