ハイフ(HIFU)

ハイフ(HIFU)を受ける前日にお酒は飲んでも大丈夫?【おつまみに注意】

ハイフ(HIFU)とは?

ハイフ(HIFU)とは、超音波を利用して顔の引き締めやリフトアップする美容治療です。

狙った部位に対し 高密度の超音波を照射し、たるみの原因である、皮膚深層にある「SMAS筋膜層」を引き締める効果があります。

 

薬事承認の取れたマシンが出てきたり、料金も安くなってきて、誰でも気軽に受けられるようになりました。

美容業界でも最も人気のメニューです。

※ちなみに医療施術なのでエステサロンでは受けられません。▶︎ハイフ(HIFU)をエステサロンで受けるのは違法?

 

本記事では、これからハイフを受ける場合の "お酒" に関する注意点をお話しします。

じつはハイフの効果を落としてしまう可能性もあります。

 

前日にお酒は飲んでいい

ハイフを受ける前日は、お酒は飲んでも大丈夫です。

ただし『おつまみ』に気をつけてください!

 

お酒のおつまみは通常の料理よりも塩分が多いのでむくみの原因になります。

水分は超音波を吸収するので、当日に顔がむくんでいるとハイフの効果が半減します。

別記事『ハイフは効果ない?効果を下げてしまう原因【むくみは効果を半減させます】』も参考にしてみてください。

 

万が一 飲んでしまったら・・

バナナなどに含まれる『カリウム』が余分な水分を排出してくれるので、むくみを解消します。

それでも浮腫んだ状態で当日を迎えてしまったら、事情を話して日程をズラしてもらいましょう。

早めに連絡を入れましょう。

 

当日のお酒はNG

ちなみにハイフを受けた当日の飲酒は避けた方が良いと言われます。

手軽とはいえ医療施術を受けたわけです。

一時的にですが筋膜は火傷を負っている状態なので、血流が促進されてしまうと炎症を悪化させる可能性があります。

事前に飲み会の予定は入れないようにスケジュールは調整しましょう。

そもそもダウンタイムで腫れたり赤みが出ることもあります。

 

翌日からは飲んでもOK?

翌日からは入浴・運動もOKになることが多いので、基本的にはお酒も大丈夫です。

実施に私はハイフを受けた際も、翌日からはお酒OKと言われました。

ただし赤みや腫れがひどい場合は、お酒は飲まない方が良いでしょう。

こればかりは個人差が出ますね。

 

安心保証制度

大手クリニックなどでは『安心保証制度』などもあり、うまく効果が出なかった場合は追加料金なしで再施術をしてもらえます。

 

おすすめはココ!!


医療ハイフの症例が豊富な上に料金も安い『湘南美容クリニック』です。全国に100院以上展開している大手美容クリニックで、数多くのハイフ治療実績があります。

それでいて初回29,800円と破格の料金で体験できます。(※半年〜1年ほど持続します)

施設名 湘南美容クリニック
機器 ウルトラセルQ+・ウルセラリフト・ソノクイーン
価格 (税込) 頬+顎下:24,000円(初回)
全顔:29,800円(初回)
全顔+首:39,800円(初回)
デコルテ:29,800円(初回)
営業時間 10:00~19:00
安心保証制度 あり

湘南美容クリニック 公式サイト

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-ハイフ(HIFU)