医療脱毛のレーザーの種類と違い【アレキサンドライト・ダイオード・ヤグ】

医療脱毛といえばレーザー光を使った『レーザー脱毛』が主流です。

最近の医療脱毛クリニックの多くは、院で使用している脱毛機の名前まで公開しているところが多いです。

「当クリニックでは全院に〇〇を導入!」みたいに宣伝しているのを見かけます。

じつはレーザー脱毛と言ってもその採用しているレーザーに種類があるんです。

そして、あらかじめ自分に合ったレーザーが採用されている医療脱毛クリニックを選ぶのをおすすめします。

医療脱毛に使用されるレーザーの特徴を比較

日本の医療脱毛では主にアレキサンドライトレーザー・ダイオードレーザー・ヤグレーザーの3種類のレーザーを使用します。

これら3種類のレーザーはそれぞれ特徴があり、得意とする肌質や毛質が異なります。

  アレキサンドライト ダイオード ヤグ
波長の長さ 755mm 810mm 1064mm
脱毛方式 熱破壊式 熱破壊式/蓄熱式 熱破壊式
作用する部位 毛母細胞 バルジ領域/毛母細胞 毛母細胞
適している肌・毛 剛毛
普通の肌
剛毛~普通の毛・普通の肌/産毛・普通の肌~色黒肌 剛毛~産毛
普通の肌~色黒肌
特徴 皮膚の浅い部分の毛・濃い毛によく反応する 毛質や肌質を問わず照射可能
特に蓄熱式は照射時の痛みが少ない
皮膚の深い部分へレーザーが届き、
色黒・日焼け肌でも対応できる
濃く太い毛に有効

●アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは3つのレーザーの中で一番波長が短く、日本人の肌質・毛質に合う波長のレーザーです。

メラニンに一番吸収されやすいので、その分 熱が上がりやすく、毛乳頭まで破壊します。シミやそばかすの治療にも使用されます。

●ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは「熱破壊式」と「蓄熱式」の2つの脱毛方式での脱毛が可能です。

毛母細胞(毛根部分にある細胞)をターゲットにしている熱破壊式とは異なり、蓄熱式はバルジ領域と呼ばれる発毛を促す部位をターゲットにしています。

バルジ領域は毛母細胞よりも皮膚の浅い部分に存在し、低温でアプローチすることができるため、痛みが少ないのがメリットです。

●ヤグレーザー

ヤグレーザーはレーザーの波長が長いことから、3つの中では最も深い位置にある毛根に効果があります。VIOや男性の髭にも適しています。

他のレーザーと比べて肌表面のメラニン色素に反応しにくいため、色黒の人や日焼けをした人でも脱毛できるケースが多いです。

↓まとめるとこんな感じです↓

こんな人におすすめ
●アレキサンドライトレーザー: 毛が濃い人
●ダイオードレーザー: 脱毛の痛みをできるだけ抑えたい人
●ヤグレーザー: 肌の色が濃い人・毛が深い人

近年では、2種類を同時に照射できるマシンなどもあります。レジーナクリニックとルシアクリニックは3種類全てのレーザーを網羅しています。

例えば、ソプラノチタニウムと呼ばれる脱毛機は “3種類のレーザーの光をまとめて” 照射できます。幅広い毛質に対応することが可能ですが、日焼けした肌だと使えなかったり、痛みが増すというデメリットもあります。

部位によって毛の濃さが異なるので 脱毛効率を高めるためには、

複数の脱毛機を使用している医療脱毛クリニックを選ぶ

あるいは

部位によって医療脱毛クリニックを変える

ことをおすすめします。