海外からエステマシンや脱毛機を購入するときの注意点

エステマシンや脱毛機を海外から輸入して使用すれば、安価な設備投資でメニュー単価を上げられます。

特に『脱毛』は新規集客になります。ボタンを押すだけで使えるので、ぶっちゃけ技術研修を受けなくても使えます。

電源は日本規格に合わせてくれているの、そのまま日本で動くように作っています。

ただし輸入したマシンは安いだけあって、それなりに注意点もあります。

注意点①:修理対応は期待しない

故障した場合の修理条件がかなり不明確です。1年保証などはあってないようなもの。

購入後にほとんど連絡つかなくなる場合が多く、修理の手続きも大変です。

「買い切り」と思った方がいいしょう。

ただ1台の値段が非常に安いので、修理するより「また新しいのを買う!」くらいの気持ちでいましょう。

注意点②:商標に気をつけて

輸入マシンは多くの場合、国内では無名になります。

モノによっては勝手に名付けることも可能なのですが、国内商標に気をつけてください。

高周波マシンを『ハイパーナイフ』と宣伝したり。吸引マシンを『エンダモロジー』と宣伝するのは”商標違反”になります。→犯罪です。

『BBL(ブロードバンドライト)』のように脱毛技術の中にも商標登録されている名称があるので、気をつけましょう。

新しいブランド名を作れたら、集客効率も上がってきます。

注意点③:保険加入も必須

火傷などのトラブルが起こりやすいので、保険加入は必須です。

「エステの保証」と「脱毛の保証」は別になっていることが多いです。

初めて脱毛メニューを始めるなら、保険内容の見直しをしてください。

また ハイフ(HIFU)やレーザー脱毛のように、日本においては医療行為になるマシンもあります。医師法違反になりますので、絶対にやめましょう。