ハイフ(HIFU)

ハイフ(HIFU)の好転反応は何がある?【肌トラブルとの違い】

ハイフの施術後は赤みや湿疹などが出る場合もある為、それらが「好転反応か?」「肌トラブルか?」が分からず不安に思う方もいるでしょう。

基本的にハイフは好転反応がほとんどなく、ダウンタイムも短めなメニューです。

ただし個人差はありますが、副作用が起こる場合があります。

 

ハイフの副作用

ハイフは超音波で皮膚の内側から熱ダメージを与え、たるみの改善やリフトアップに効果的なエステメニューです。

皮膚表面にはダメージを与えず、肌を傷つける事がない施術ですが、副作用として赤みや腫れ、むくみが出る可能性があります。

その他にもヒリヒリした痛み、筋肉痛のような鈍痛を感じる場合がありますが、ほとんどの場合は数日で治まります。

 

かなり稀ですが、好転反応として 一時的にニキビや湿疹などの肌トラブルを生じる人がいます。これも1~2週間ほどで治ります。

 

火傷のリスク

しかしハイフで恐ろしい副作用(というより事故)として挙げられるのは "火傷" です。

ハイフは熱を発生させて "軽い火傷" を起こす施術です。大きな火傷につながる可能性は高いです。

湿疹や水ぶくれなどの肌トラブルには、特に注意しましょう。

▶︎ハイフ(HIFU)でよくあるトラブルや失敗【セルフはさらに事故が起こりやすい】

 

施術箇所や出力を誤ってしまうと、皮膚の痛みやダメージが強く長引いてしまいます。

特にエステ/セルフエステでは事故が多いので、クリニックで受けることをおすすめしています。

こちらもCHECK

エンリケのハイフ(HIFU)は毎日受けても良いの?

元日本一のキャバ嬢エンリケプロデュースの「セルフエステ エンリケ」大阪1号店が大阪天満に2月上旬オープン! 〜最高級機器で満足の高いサービスを提供!ハイフ・キャビテーション・ラジオ波・フォトフェイシャ ...

続きを見る

 

基本的にはメイクで隠せる赤みですが、念の為 パスポートや運転免許証などの証明写真を撮る前や、結婚式などの大事なイベントの前は施術を控えた方がよいでしょう。

 

副作用が1か月を過ぎても続く場合は

ハイフは好転反応というより、副作用が強い施術です。

副作用の症状が1か月を過ぎても続く場合は、医療機関の診察を受けたほうが良いでしょう。

「好転反応か」「副作用による肌トラブルか」不安に思う際は早めに相談を!

 

大切なのは、施術を受ける前に信頼できるクリニックと優秀な施術者を選ぶ事です。

施術経験が多いクリニックで受ければ、心置きなくハイフの美容効果を得られるでしょう。

 

おすすめはここ

医療ハイフの症例が豊富な上に料金も安いのはCMでもお馴染みの『TCB東京中央美容外科』です。

全国に70院以上展開している大手美容クリニックで、数多くのハイフ治療実績があります。

それでいて全顔24,800円〜とトップレベルに安く提供されています。

TCB東京中央美容外科 公式サイトい

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-ハイフ(HIFU)