ハイフ(HIFU)

ハイフ(HIFU)を受けた後の家でのスキンケア【しないとどうなる?】

ハイフの施術後は肌が乾燥しやすく紫外線のダメージを受けやすいため、自宅でのスキンケアが大切です。

特に『保湿』と『紫外線対策』は、しっかり行いましょう。

 

保湿の重要性

家に帰ったら、まずは しっかりと保湿する事が重要です。

ハイフの施術直後は、熱の照射によって一時的に肌の水分量が減ってしまいます。

ダウンタイムではないので、日常生活に支障が出るほどではありませんが、乾燥した肌はバリア機能が低下し、さまざまな肌トラブルを引き起こす可能性があります。

乳液やクリームなどを使い、いつも以上に丁寧に保湿しましょう。

 

ただし保湿しようと化粧品を多く塗ると、伸ばすのに力が入るので注意してくださいね。

余計な摩擦で傷んだ肌をさらにダメージを与えてしまいます。

クレンジングや洗顔の時も、こすらずに優しく泡を潰さないようにしましょう。

 

紫外線対策の重要性

また乾燥すると肌を守る力が弱まる為、紫外線の影響を受けやすくなります。

強すぎる紫外線はしわやたるみ、色素沈着の大きな原因です。

外出時は必ず日焼け止めを使用しましょう。←ここでも塗布する際の"摩擦"に注意を

 

日差しの強い夏などは、日焼け止めだけでは 完璧に紫外線から肌を守る事ができません。

元から肌が弱い人や、夏場にハイフを受ける際は帽子や日傘を忘れないようにしましょう。

 

スキンケアしないとどうなる?

乾燥した肌・傷んだ肌に、さらにダメージが加わると「色素沈着(シミ)」ができてしまいます。

摩擦によるダメージもですが、紫外線のダメージも、通常時よりも蓄積されやすくなっています。屋内でも注意が必要です。

余談ですが、シミにハイフは効果ありません。

▶︎ハイフ-HIFU-でシミは薄くなる?「むしろ増えます!」

 

施術後の注意点

施術後は、長時間の入浴・過度のアルコール・激しいスポーツは避けましょう。

水分補給もしっかりする事で代謝が促進され、より効果が期待できます。

ただ ダウンタイムはないので、施術当日からシャワーやメイクもできるのは嬉しいポイントです。

 

まとめ

ハイフの施術後はアフターケアをしっかり行う事で、炎症や肌荒れを防げます。

間違ったアフターケアは、肌トラブルに繋がります。

もし家でしっかりケアしいても、肌荒れや赤みが出た場合は早めにクリニックに相談しましょう。※ちなみにサロンでのハイフは禁止です。

施術前にアフターケアの詳細や、術後の対応をしっかり聞いておく事が大切です。

施術当日だけでなく、施術後のアフターフォローがきちんとしているクリニックを選びましょう。

 

おすすめはここ

医療ハイフの症例が豊富な上に料金も安いのは『TCB東京中央美容外科』です。全国に70院以上展開している大手美容クリニックで、数多くのハイフ治療実績があります。

それでいて全顔24,800円〜と破格の料金で体験できます。(※半年〜1年ほど持続します)

TCB東京中央美容外科 公式サイトい

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-ハイフ(HIFU)