ハイフ(HIFU)のショット数って何?同じ値段でも多い方がお得!?

エステサロンでハイフ(HIFU)の値段を調べてみると、よく「1000ショット:1万円」とか「10000ショット:5万円」とあります。

しかし、ハイフの値段を比較する時に気をつけて欲しいのは「同じ値段でもショット数が多い方がお得!」という事ではないのです。

ハイフはマシンによって1部位で効果を発揮する基準ショット数が違ってくることを知っておきましょう。

以下では、いくつかの有名なマシンについてショット数の基準をみていきます。

ウルトラハイフ

dEo

サーマル(熱)ハイフを用いることで的確に皮下脂肪を捉えるので、より確実な痩身効果を得られます。熱によってダメージを受けた脂肪細胞は、細胞を掃除するマクロファージによって消化されるため、施術後も時間をかけて皮下脂肪が減少していきます。

基準ショット数:1部位500ショットが基準

ウルステム

ULSTAM_555x555_1

脂肪細胞の大きさではなく、脂肪細胞の数に着目したのがウルステムです。従来のキャビテーションの10倍以上の威力を発揮すると言われ、脂肪細胞を減らしてくれます。

一般的なハイフは、皮下1.3cmの脂肪層にのみアプローチしますが、ウルステムは0.7cmと1.3cmの両方に働きかけるので、破壊できる脂肪細胞の量が違うんです。

基準ショット数:1部位4,000ショットが基準

ディーフォーカス

 

2015121421310

ディーフォーカスは、セルライトへのアプローチに特化したハイフです。老廃物の排出を促し、ぼこぼこの解消に効果があります。

ちなみにディフォーカスは「純国産」です。やはり安心感は大きいです。

基準ショット数:1部位8,000ショットが基準

まとめショット数に惑わされないこと

「安い!と思って行ってみたら、ショット数が少なくて全然効果が分からなかった…」これではがっかりです。かといって、「10,000ショットだ!と意気込んでいったら、そのマシンでは10,000ショットが普通だった…」なんてこともあります。

Aのマシンで10000ショットより、Bのマシンで1000ショットの方が効果があったということも、ハイフではよくある話です。

ハイフのショット数はマシンの基準数を参考にしないと意味がありませんので、その点を注意してみてください。