美容クリニック・美容外科

20代でお金をかけずに美肌になる最も良い方法は美肌貯金

6割以上の方が1か月に10,000円未満を使っていることが明らかになりました。

10代~20代の女性だと学生や新社会人も多くいると思うので、あまり大きな金額をかけられる方は少ないのかもしれません。

【自己投資はすべき!?】10代~20代の女性が美容&ファッションにかける金額とは?|PRTIMES

20代は『お肌の曲がり角』と言われますが、それだけにお金をかけず美しく健康なお肌を保つこともできます。

肌をベストな状態に保つには、日々のスキンケアや生活習慣を把握することが大切です。

いくつかを見直して、今すぐ「美肌貯金」を始めてみませんか?

 

美肌貯金法1:皮脂汚れを落として毎日肌をリセットする

『皮脂汚れ』は 余分な皮脂と汚れが混ざり合ってできるもので、毛穴を詰まらせ 肌の正常な皮脂分泌を妨げてしまいます。

肌を健やかに保ち 透明感のある肌へと導くには、毎日この皮脂汚れを落とし、肌をリセットすることが大切です。

オイルクレンジングと熱すぎるお湯は乾燥の元なので、皮脂を取りすぎないジェルなどのクレンジングを使い、水に近いぬるま湯で適切な洗顔を心がけましょう。

 

美肌貯金法2:紫外線による活性酸素を防ぐ

美肌のためには、紫外線の種類と浴び方が重要です。

日光を浴びないとビタミンが生成されないので「全く浴びない」ことは危険ですが、紫外線を過剰に浴びると、肌にダメージを与え、シワやシミの原因になることがあります。

活性酸素から肌を守るために、UVAとUVBの両方から肌を守るSPF30以上の日焼け止めを使用することをお勧めします。

ちょっと良い日焼け止めに投資しても良いでしょう。

 

美肌貯金法3:腸内環境から対策して、肌のバリア機能を高めよう

便秘が続いて肌荒れをした経験はあると思います。

腸内環境を整えることは、肌のバリア機能を向上させることにつながります。

バランスの良い食事と、乳酸菌などを補うことで可能です。

乳酸菌は 腸内の細菌バランスを正常に戻し、肌の免疫力を高め、日焼けによるダメージから肌を守る効果があります。

ヨーグルトでも良いですが、飽きやすい人には乳酸菌サプリなどもおすすめです。

 

まとめ

今回ご紹介した方法を実践すれば、美肌になるための貯金ができ、シミ・シワ・たるみのできにくい健康的な肌を手に入れることができます。

毎日のお肌のリセット、紫外線ダメージからの保護、腸内環境の改善など、積極的に健康的なお肌作りに取り組んでいきましょう。

肌トラブル・老化を感じてからエステやクリニックに通うと(最近は安くなってきたとはいえ)それなりの金額がかかります。

今すぐ「美肌貯金」を始めて、いつまでも健康でつややかな肌を手に入れましょう。

 

こちらもCHECK

安いおすすめの美容クリニックはどこ?【さらに安く受ける節約方法】

前提:クリニック選びは"実績"が最重要 まず本題に移る前に。。。 そもそも美容クリニックで行うのは整形(プチ整形)です。 マシンを使う施術やその日のうちに化粧・運動もできるほどダウンタイムの少ない技術 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-美容クリニック・美容外科