脂肪吸引

バッカルファット除去は失敗しやすい理由「後悔する人続出?」

バッカルファットとは頬の内側にある脂肪の塊のことです。

加齢に伴い、頬にある脂肪は徐々に下がっていき 下垂した状態になります。

その結果、ブルドッグのような顔立ちになり シワやシワが目立つようになります。

 

このバッカルファットを除去することが「たるみの解消」「小顔に見える」として人気の施術ですが、じつは失敗が多いとも言われています。

以下、失敗しやすい理由を解説していきます。

 

頬が痩ける

口コミサイトでは、バッカルファット除去後に「頬が痩せてこけている」と言及されることが多いです。

痩せこけた頬は、たるみと同じくらい老けて見えてしまいます。

これは、過剰な除去(必要でない量のバッカルファットを取ってしまった)結果である可能性があります。

 

左右差が生じる

輪郭が左右比対称になっていまうことも多く報告されます。

バッカルファット除去後は、基本的には『脂肪吸引』で行うことになりますが、これは執刀医の技術に左右されます。

脂肪を過剰に取り出している以外に、仕上がりをイメージして除去できなかったことも原因でしょう。

 

効果がない

バッカルファットを除去したけど効果がイマイチだったというケースもあるようです。

別のアプローチが必要だったのかもしれません。

問題の原因でない部位を取り除くことは、将来的に頬骨をさらに薄くすることにつながるだけです。

頬のたるみや丸顔への対応策は、なにもバッカルファットの除去だけとは限りません。

 

顔の大きさやたるみの原因は皮下脂肪にアリ

多くの人が、よりほっそりとした顔を手に入れるために、バッカルファットの除去を考えますが、通常、そのような処置はほとんど必要ないことがわかっています。(もちろん本当に必要な人もいます)

ただ、顔の脂肪の大部分は皮下に位置しているため、頬と顎への皮下脂肪分解が推奨されます。

 

まずはハイパーナイフがおすすめ

皮下脂肪の効果が高いのはハイパーナイフです。

高周波によって脂肪を温め、溶かしていく施術です。

医療施術ではないので、エステサロンでも受けることができます。

▶︎優良認定サロン|検索サイト

 

ハイフ(HIFU)の併用もおすすめ

たるみが軽度であればハイパーナイフだけでも解決可能ですが、頬のたるみが強いと判断した場合は、ハイフ(HIFU)によるリフトアップの併用も効果的です。

ハイフという特殊な超音波で顔全体を引き上げさせ、同時に脂肪細胞を破壊することもできます。

バッカルファットまでは届かないので、痩せこけるリスクは少ないでしょう。

 

おすすめはココ!!

医療ハイフの症例が豊富な上に料金も安い『湘南美容クリニック』です。全国に100院以上展開している大手美容クリニックで、数多くのハイフ治療実績があります。

それでいて初回29,800円と破格の料金で体験できます。(※半年〜1年ほど持続します)

施設名 湘南美容クリニック
機器 ウルトラセルQ+・ウルセラリフト・ソノクイーン
価格 (税込) 頬+顎下:24,000円(初回)
全顔:29,800円(初回)
全顔+首:39,800円(初回)
デコルテ:29,800円(初回)
営業時間 10:00~19:00
休診日 なし

公式サイトはこちら

 

まとめ

小顔になりたい・頬のたるみをなくしたい人にとって、バッカルファットの存在は不要だと考えていますが、顔の大切な脂肪です。

加齢による脂肪の減少は元に戻りませんし、皮膚のたるみやシワを深くする原因になります。

バッカルファットを不必要に除去しないように注意しましょう。

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-脂肪吸引