チラシ集客を成功させる3つのポイント

チラシ集客

株式会社リビジョン(教育)が行った調査では、テレビCM中 40.6%の人が「スマホをいじっている」という結果が出ました。

ここまでネットが普及した今、サロン集客でチラシは過去の産物だと諦めていませんか?

「チラシをポスティングしても全く効果がない」
「うちもネットで広告を出したほうがいいのか」
「やはり時代はSNSか・・・」

と頭を抱えていませんか?

チラシ集客もやり方次第では凄い集客結果が出ます。

うまくいっているサロン様は(大きいサロンほど)じつはチラシに力を入れています。

チラシ集客で結果を出すにはコツがあるそうです。
今回はそのコツを3つお伝えします。

1.何パターンか作ってとにかく検証

ホームページでもチラシでも同じですが、
とにかく検証し続けることが重要です。
「○○を修正したら反応が良くなった。」

「キャッチコピーを変えたら、反応が3倍になった。」

「○○を修正したら、反応が悪くなった・・・」
これの積み重ねが重要です。

もちろん、結果の出やすい形はあります。

それを基にさらに結果が出るように修正していきます。
ちなみに、今回のサロンの方は、最初に3パターン作りました。

その中から結果の良いものを更に修正していきました。
ホームページも同じです。

とにかく、検証し続けることが重要です。

2.手書きでチラシを作る

今回のチラシは手書きでチラシを作りました。
チラシはお客さんに見てもらわないと意味がありません。

あなたもご自分のポストを見ると分かりますが、
以外に手書きのチラシって少ないですよね。

パソコンできれいに作られたチラシが多いと思います。
年賀状もそうですが、
パソコンの文字だけの年賀状ってうれしいですか?

やっぱり、手書きで一文でも書いてあってほしいですよね。
手書きの文章は不思議と

・相手の気持ち
・相手の性格
・相手との相性

みたいなものが分かるんですよね。
きれいとか下手という事ではなくて。
ただ、手書きだと修正とか大変ですよね。

なので、パーツを切り貼りしてもいいです。

3.ホームページに誘導するチラシにする

これってとても重要です。

チラシの欠点として、

「書ける情報量が少ない」

があります。
あれもこれも伝えたいと思い、ごちゃごちゃ書くと
読みにくくなり、反応は極端に落ちます。
かといって、情報量が少なすぎると、
何も伝わりません・・・。
そこで、チラシをきっかけとして

ホームページに誘導するのです。

今回の事例も
(1)チラシを見て興味を持つ

(2)ホームページを見る

(3)ホームページを見て、いいなと思ったら来店する
と言う流れをたどっています。

例外なくほぼ全員がこの流れです。

ホームページは検索エンジンで集客するためにだけ
必要なものではありません。
検索エンジンはもちろんですが、

・チラシ
・地域紙の広告
・紹介
・通りすがりにお店の存在に気がついた

などすべての来店パターンで
ホームページは重要です。

なので、どんなホームページを作るかも
とても重要なのです。
今回は詳しく書きませんでしたが、

どんなチラシを作れば良いのかも、
とても重要です。>>
手書きで書けば何でもOKという訳ではありません。

基本は、

ホームページもチラシも広告も
全て同じです。
・どうすれば気がついてもらえるか?

・どうすれば興味を持ってもらえるか?

・どうすれば信用してもらえるか?
もしあなたが低コストで集客したいと考えているなら、
チラシ集客を試してみてください。
自分でポスティングすれば、ほとんどコストはかかりません。
最後に、チラシで集客しても、その後何度も何度も
リピートしてもらえないと意味がない。

という事も付け加えておきます。