エステサロンの集客

サロン集客のために内部ブログで書くべき記事の内容

ブログは古い?

そんなことはありません。

特にエステサロンのような比較的高額なサービスを探すときは、仮にSNSで気になったお店があったとしても最後にはGoogle検索から予約が入ります。

そのため、内部ブログはSEO対策だけでなく新規予約を増やすためにとても重要です。

 

ところが、ブログ記事の書く内容によっては十分な効果を発揮できません。

以下では内部ブログ記事を書くときのポイントを紹介します。

 

お客様とのできごと Very Good!!

「どんな悩みのお客様が来店されたのか」
「どんなサービス・施術を提供したのか」
「どんな結果が得られたのか」

許可が取れれば、一緒に撮った写真やアンケート結果(を撮影したもの)を公開するのも良いでしょう。「顔は映さない」「名前はイニシャルだけ」でも十分です。

このような内容は、SEO対策だけでなく信頼にも繋がります。

お客様とお店を絡めた記事を継続的にあげているサロン様は、アクセス数だけでなく、コンバージョン率も着実に上がっています。

 

美容情報 Good!!

美容、健康、ホームケア、化粧、ダイエットメニューなどに関する情報を書きましょう。

SEO対策には効果的です。

トレンドワードやお悩みワードは、特に検索数(=アクセス数)を稼ぎやすいので、季節ごとの悩みなどをテーマに記事を書いていきましょう。

 

商材情報もGood!!

扱っている『商品』の情報も発信するべきです。

WEB検索では、サロン名ではなく商品名で検索する人が多いです。

例えば「ハイパーナイフ」のように、導入している商品やマシンをきっかけにサロンの認知が広がる例はたくさんあります。

▶︎サロン開業も支援!業務用エステ機器「ハイパーナイフ」

 

お知らせ・ニュース Nice!!

キャンペーン情報や新商品の情報を届けるブログ記事は多いでしょう。

しかし、リアルタイムに内部ブログをチェックしてくれる人は少ないです。

お知らせ・ニュースの発信は良いのですが、できればSNSのほうがいお客様に広まる速度は高いでしょう。

 

今日のできごと Bad!!

大前提として、サロンのホームページ内のブログにサロンと関係ない内容を書かないようにしましょう。

いわゆる社長ブログ、スタッフブログというやつです。内部ブログとしては良くありません。

これは別の外部ブログ(アメブロ/LINEブログなど)にしましょう。

 

スタッフブログも大事

ただし、このような社長ブログやスタッフブログがあること自体は、集客には有利です。

とりわけ新規・若い客層の人ほど、スタッフブログを読んで来店を決める人は多いです。

「どんな人が施術してくれるのか」「どんな雰囲気のお店なのか」このようなことが気になるからです。

ブログが苦手なスタッフには、noteなどのSNSを使ってもらっても良いです。

内部ブログと外部ブログでしっかりと役割を持たせれば、何倍もの集客効果を発揮します。

 

こちらの記事も人気です。
個人エステサロンの集客に役立つサービスを3つ紹介

『集客』というのは、とにもかくにもビジネス成功のための最大の課題になります。 スマホが生活の中心となった現代では、WEB集客・SNS集客が鍵となります。当然、この流れに乗ってビジネスをしようと、さまざ ...

続きを見る

サロンのスタッフ求人のためにはオーナーブログも重要

スタッフブログあるいはオーナーブログを投稿し続けているサロン様も多いと思います。 最近では、このようなブログは意味がない(SEO対策にならない)という情報が出回っていて、ブログをやめてしまう方もいらっ ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

美容整形

-エステサロンの集客