サロン集客で一番大切な考え方

集客という点において一番大切なことは、まず来てもらうことです。

聞いたことのないお店で、5,000円の料理50,000円の料理があります。

初めて行くならどちらを選択しますか?

お店としては、いずれは50,000円の料理を注文してもらいたいですが、最初から50,000円の料理を宣伝しても集客は難しいです。

どんなに魅力のあるサービスや技術、有名店ですら、まずは来てもらわなければ何もはじまりません。

そのためには以下のような宣伝が必要です。

安い

「安い」「割引」「無料」は、強力なコピーです。上手に使うことができれば、集客や販促に絶大な効果を与えます。
また、「地域最安値」など NO.1をアピールできると、さらに高い反応が期待できます。

限定

先着〇〇名、期間限定、ハッピーアワー、、、etc。希少性をアピールする宣伝です。

サロン集客では「50代女性限定」「ニキビでお困りの女性限定」など、ターゲットを絞り込む手法も有効的です。ネット広告では、特に効果を発揮します。

特典

魚料理では話題のお店があります。5000円の料理があります。片方にはお土産のデザートが付きます。片方にはその料理のレシピが付きます。

どちらが魅力的ですか?

上は極端な例ですが、現代では情報商材は非常に価値が上がっています。お土産のデザートよりも圧倒的に価値があります。

集客アップ=売上アップ?

5000円の料理を食べました。それはとても美味しい料理でした。

あなたはどうしますか?

A. また来る
B. 友達や家族に紹介
C. SNSで拡散

サロン集客で大切なのはまず来てもらうことですが、サロン売上のアップに大切なことは、集客から次につなげていくことです。そのためには技術やサービスを磨いていく必要があります。

「集客アップ=売上アップ」は少し違います。この点に気をつけて、集客をしていきましょう。

具体的な活動については以下の記事も参考にしてください。