美容クリニック・美容外科

ダーマペンとポテンツァの違い【どっちの方が効果ある?】

ダーマペン

ダーマペンは、ペン型の医療用具で 極細の小型針(33G×16本)が装着されています。

高速振動により、1秒間に1,920本の微細な孔を皮膚に開けられ『創傷治癒力』を利用して肌の再生を図ります。

また 微細な穴から薬剤を注入することで、薬剤が皮膚に深くまで浸透し、より高い治療効果を発揮することができるのです。

 

期待できる効果

  • ニキビ、ニキビ跡改善
  • 毛穴収縮、クレーター
  • ハリツヤUP
  • 小ジワ改善
  • トーンアップ、美白 など

 

ポテンツァ

ポテンツァは、極細の針を皮膚に刺し、RF(高周波)の熱エネルギーを真皮層(皮膚の深い部分)に直接伝えることを利用したものです。

また、薬剤を導入できる特殊なチップも搭載されており、ダーマペンと同様、薬剤を真皮層まで均一に行き渡らせることができます。

 

期待できる効果は多め

  • ニキビ、ニキビ跡
  • 毛穴収縮
  • 瘢痕、クレーター
  • 肌質改善、肌再生
  • ハリツヤ弾力、小ジワ改善
  • くすみ、トーンアップ、美白
  • 肝斑の予防と改善
  • 赤ら顔の改善
  • 引締め、リフトアップ など

 

どっちの方が効果ある?

ポテンツァは、小型針による治療と高周波による治療を組み合わせることで、1回の施術でより多くの美容効果を得ることができます。

1秒間に1,920個の傷をつけることができるダーマペンは、穴を開ける量が多いため "より早く" 肌トラブルを治すことができると考えられています。

特に、ニキビ跡やクレーターには "ダーマペン" がおすすめです。

 

痛みやダウンタイムの違いは

 

痛み

どちらも麻酔をかけた状態で行われます。施術中は少しチクチクする程度で、我慢できないほどの痛みはありません。

高周波を組み合わせるポテンツァは、少し火照る感じがします。

 

ダウンタイム

ダーマペンは施術後に赤味や出血が生じる場合がありますが、1〜2日程度で治まります。

ポテンツァは針穴が瘡蓋となるので出血はしません。少しザラザラとした質感になりますが1週間程度で自然に剥がれ落ちます。

 

注意

どちらも肌のコンディションや針の刺す深さによって、痛みや回復に要する時間が異なることがあります。

深く刺すほど、痛みが強く感じられ治療後の安静期間が必要になっていきます。

 

おすすめはここ

品川スキンクリニックでは、ポテンツァを全顔82,500円〜で提供しています。

ちなみに「ダーマペン」も導入されており、こちらは全顔17,270円〜で受けられます。

カウンセリングの際に自分に合った治療を提案してくれるので、気軽に相談してみてください。

品川スキンクリニック 公式サイト

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-美容クリニック・美容外科