コラム

エステサロンで受けてはいけない危険なメニュー3選【NGな部位もあり】

「儲かればいい!!」という精神で、本当に良い加減なエステサロンが増えてきています。

注意喚起という意味合いも込めて、今回はエステサロンで受けてはいけないメニューを思いっきり発信していきたいと思います。

これからエステを検討している人は、以下に当てはまるメニューがあれば"要注意サロン"として警戒してください。

 

ハイフ(HIFU):事故多発

エステでのハイフ(HIFU)に関しては

e先生
まだエステで受けてるの?

 

・・って感じです。

 

ー超音波機器「ハイフ」での事故多発…顔面まひなどの報告もー

美容外科などの医療機関でも17件の事故が起きていたが、エステ店での事故はその3倍超の53件に上った。「セルフハイフ」での事故も7件あった。

引用:読売新聞オンライン 

命知らずもいいところですね。

 

蓄熱式ハイフなどもありますが、本来ならエステ用とかはありません!

高密度に集める超音波施術そのものが医行為と認定されています。

安全のために出力もかなり落ちているので、ほとんど "金ドブ" です。

 

脱毛:永久効果はない

エステで認められているのは除毛・除毛効果までです。

「完全な毛が生えなくなる」脱毛はエステサロンでは認められないメニューです。

ちなみに最大手のミュゼさんでも永久効果は謳っていません!

 

思ってる効果はないのに、それでいて何十回も通うはめになるのでやはりコスパは悪いです。

 

キレイモの未払い問題や脱毛ラボの倒産など、相次いで経営破綻が続いていますよね。

会社の売上が上がらない=満足度が低いです。

エステの脱毛があまりよくない証拠ですよね。

 

脂肪冷却:医行為です

脂肪を4℃に凍らせることで脂肪細胞そのものを死滅させて、排出させる痩身技術です。

厚生労働省にも効果と安全性が認められています。

これもけっこうエステで行われているようですが、脂肪冷却は医療メニューです。

脂肪細胞を死滅させる施術は、思いっきり医行為です。

クリニックでも使い方を間違えると「奇異性脂肪過形成」を起こし逆に太ってしまいます。

 

おすすめはここ

湘南美容クリニックは、厚生労働省承認の【クールスカルプティング】というマシンを導入。

脂肪冷却専門の講習会「Cool sculpting ED」の全過程を修了したスタッフさんが施術してくれます。

初回ではなく通常価格が29,800円なので、複数部位で通う痛い人にもぴったりです。

湘南美容クリニック 公式サイト

 

NG部位:デリケートゾーン

これはNGメニューというより『NGな部位』ですね。

バストトップやVゾーンの黒ずみ解消、膣トレ(膣圧の改善)など。

デリケートゾーンのケアは、エステサロンで行うのはやや危険です。

オイルなどのホームケア商品なら買っても良いと思いますが、ラジオ波やハイフ(HIFU)をデリケートゾーンに使う施術に関しては絶対に避けてください。

何かトラブルがあったときに、医療処置ができません。

 

おすすめのクリニックはここ!!

婦人科形成で有名なのは『東京中央美容外科』です。院長をはじめとして多くの女医が在籍しているため、女性が気軽に相談できる医院です。

ホワイトを基調とした清潔感のある診療室は、衛生管理とプライバシー管理を意識して設計され、お客様が安心できる空間づくりが徹底されています。

TCB東京中央美容外科の婦人科形成

 

スポンサーリンク

美容整形

-コラム