二重整形をした場合はハイパーナイフを受けられない?

ハイパーナイフ

ハイパーナイフは痩身エステとして人気メニューですが、顔へも施術ができます。

熱を発生させ代謝をアップさせる効果によって、むくみの解消にも即効性があり、施術後すぐに小顔効果を感じる方も多いようです。

ただし高周波(電気)を使う施術なので、施術箇所に金属が入っていると受けられません。

では二重整形をした場合はどうなのでしょうか?

二重整形

まず二重整形には

  • 埋没法
  • 切開法

の2つの方法があります。

結論から言えば、ハイパーナイフを受けることはできます。

ただしそれぞれで注意が必要なポイントもありますので以下で解説していきまし。

埋没法

まぶたにひだを作り、そこを皮膚の内側から通した医療用の糸で固定することで二重のラインを作るのが埋没法、と呼ばれる手術方法です。

よく「プチ整形」と言われて、気軽に受けることのできる整形手術として幅広い年齢層の女性に知られています。

埋没法はハイパーナイフを受けられる?

埋没法に使う糸は通常”ナイロン”の糸です。電気を通さない・比較的熱に強い素材なので、ハイパーナイフを受けることはできます。

ただしフェイシャルマッサージによって糸が取れてしまう可能性がありますので、目元だけは弱めにマッサージをするように声をかけておくとよいかもしれません。

切開法

二重整形の中で、まぶたの皮膚をメスで切開することによって二重ラインを作るのが切開法と呼ばれる方法です。

切開する方法は、皮膚の一部分を切開する「部分切開」と、皮膚全体を切開する「前切開」の二つがあり、自分のなりたい二重のラインのイメージや元々のまぶたの状態によって施術方法が変わってきます。

切開法はハイパーナイフを受けられる?

切開法の場合はハイパーナイフもフェイシャルマッサージも普通に受けることができます。

ただし切開法はダウンタイムが長いので、完全に傷が塞ったかどうか塞担当医の人の許可をもらってから施術を再開した方が良さそうです。

 

【PR】

もしこれから二重手術をお考えでしたら、症例数の最も多い<湘南美容クリニック>がおすすめです。

埋没法にもさらにテクニックがありますので、あなたに合わせた最適な方法を紹介してもらえますよ。