ハイパーナイフ

【禁忌事項】ハイパーナイフを受けることができない人

以下に該当する項目がある人は、ハイパーナイフの施術を受けることがを推奨しかねます。

 

ハイパーナイフを受けることができない方

  • 既往症

(がん・重症高血圧・心臓疾患・冠動脈症・腎不全・伝染病・ケロイド体質・膠原病・静脈瘤・静脈炎・クモ状血管静脈・てんかん・血栓・赤ら顔・皮膚悪性腫瘍・自己免疫疾患)

  • 埋め込み式ペースメーカー、心臓細動除去器、電気除細動器などを使用している
  • 妊娠中から産後12カ月以内
  • 3カ月以内にイソトレチノイン(アキュテイン)を使用
  • 慢性皮膚炎、皮膚のかぶれ(蕁麻疹等)

 

ハイパーナイフ施術時に注意が必要な方

  • 糖尿病

(症状の度合いによりトリートメントを受けられない場合がございます。薬などで血糖値がコントロールされている状態であれば、施術可能)

 

その部位以外の部位には施術可能

  • 最近、外科手術を受けており、完治していない。
  • 体内に金属及びチタンを入れている
  • 大きな金属製の歯科用インプラント、歯列矯正器具をしている
  • メソセラピー後2週間から4週間以内(傷口が完全にふさがるまでは同一部位の施術不可)
  • 現在、もしくは以前に皮膚にヤケドを負ったことがある。→真上以外は施術可能
  • コラーゲン等を注入した。→術後4週間は同一部位の施術は不可。

ハイパーナイフを先に施術してから、注入施術を行なう場合も、48時間以上たってから施術をおこなう。

 

時間が経過していれば施術可能

  • 脂肪吸引をしたことがある(1ヶ月以上経過していれば施術可能)※
  • 現在授乳中の方(産後12ヶ月を過ぎていれば施術可能)

※最近主流になってきている「脂肪冷却-クールスカルプティング-」も同様で、1ヶ月以上経過していればOKです。

 

その他要注意

  • 現在薬物治療を行なっている(かかりつけの医師へご確認ください)
  • この項目に明記のない疾患中や治療後(かかりつけの医師へご確認ください)
  • アトピー性皮膚炎の方 (乾燥しやすくなりますので保湿ケアを行うこと)

 

※これらは全て、正規メーカーである株式会社ワムさんからご教授いただいたものです。

 

おすすめサロンはこちら

「ハイパーナイフは受けてみたいけど、ちょっと不安だな?」という方は、ぜひ"優良認定店"に一度足を運んでみてください。

正規にメーカー研修を受けているので、ハイパーナイフに関する知識量はとても豊富です。

▶︎ハイパーナイフ優良認定サロン|検索サイト

 

パーソナルジムもおすすめ

疾患などでどうしてもハイパーナイフが受けられない人は『パーソナルジム』もおすすめです。

運動と食事管理でダイエットをしていくので、安全でその人にあったメニューを作ってくれます。

疾患があっても、運動がOKであれば通うことができます。

糖尿病や高血圧の人なんかも利用しています。

 

1番人気はライザップ(RIZAP)!

ライザップの料金はいまだに他のトレーニングジムと比較して高いですが、そのメソッドや結果にコミットする姿勢、サポート力はいまだに圧倒的です。

「リバウンドが心配…」という人もいますが、実際のリバウンド率はわずか7%(社長インタビューより抜粋)なので、93%の方はダイエットに成功していると言えるでしょう。

無理な勧誘などはありませんので、まずは実際に体験で確かめてみることをおすすめします。

空き状況を確認する

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-ハイパーナイフ