ハイパーナイフ

ハイパーウェーブ(EMS)も施術後2時間は食事を控えなきゃダメ?

ハイパーナイフの施術を受けた後、2時間程度は食事を摂らないことを推奨されることが多いと思います。

ハイパーナイフを受けた後のカラダは高周波の温熱作用によっね代謝が上がっている状態で、いつもより栄養素をたくさん吸収しやすくなっているためです。

では、EMSマシンである【ハイパーウェーブ】を受けた後はどうでしょうか?

 

結論:気にしなくて大丈夫

脂質はほとんど吸収されない栄養素であり、不足している栄養素なので、むしろ吸収率の上がっているうちに積極的に摂取したいものです。

脂質は肌の保湿や、じつは脂肪燃焼にも使われています。

 

空腹時の糖質だけ避ける

食事で太る原因のほとんどが糖質です。

特に空腹時に急に糖質を摂ると、血糖値が一気に上がって脂肪がつきやすくなります。

ちなみにハイパーナイフを受けた後に関しても、食事しても大丈夫です。

▶︎ハイパーナイフの後に脂っこいものは食べても太りません

 

ハイパーウェーブの場合

ハイパーウェーブはEMSによって筋肉を鍛えるため、お腹も空きやすくなります。

その後に2時間も絶食していたら、それこそ超空腹状態になります。

この状態でいきなり食事をしたら、それこそ血糖値が一気に上がるので危険ですよね。

 

ハイパーウェーブを受けた後は、むしろ早めに食事してください。

ただし、お肉やサラダが中心のメニューにしましょう。

ご飯やパンのセットは外す、あるいは後半に食べるようにしましょう。

 

ハイパーウェーブ・ホーム

家庭用のハイパーウェーブ・ホームも発売されました。

食事に関する注意事項は同じで、空腹時の急な糖質摂取だけは避けてください。

使用後に牛乳やプロテインなどで、タンパク質を摂ると 筋力UPにつながります。

 

脂肪冷却もおすすめ

ハイパーウェーブは、エネルギーを消費して 1つ1つの脂肪細胞サイズを小さくします。

これに対して『クールスカルプティング』は、脂肪細胞のそのものを減少させます。

湘南美容クリニックは、クールスカルプティングが受けられるクリニックの料金を比較してもトップレベルの安さで、初めて受ける方でも試しやすい料金となっています。

よくある初回料金だけ安いパターンではなく通常料金が29,800円〜なので、複数回通う必要がある方にもぴったり。

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-ハイパーナイフ