エステティシャンの面接でみられる志望動機のポイント

志望動機のポイント

筆者も現役時代は、新しいエステティシャンの採用で面接をやったことがあります。

その時の経験を踏まえた上で、面接でみる志望動機のポイントを3つほどお伝えします。

1. 人好き

「お客様をキレイにする仕事」と広く認知されていますが、本質的には『接客』です。

60〜90分もの間、一対一でお客様を接客します。しかも個室で!

当然ですが「人好き」であることが最低条件です。自分の施術よりも自分とのコミュニケーションの中で相手をサポートすることが重要になってきます。

人好き>美容好き

を重視すると覚えておいてください。

2. 企画好き

エステティシャンは施術だけしていれば良い!・・・というものではありません。

施術をしつつもお客様と「関係づくり」をしていきます。

そこで求められるのは『企画力』です。

恋人へのサプライズや友人の誕生日会など・・・

誰かを感動させる企画が好きな人にはとても向いている仕事です。

現代のエステには、お客が思わずあなたのファンになってしまうような「企画力」が求められます。

3. そのお店を志望した理由

ネット・スマホの普及で簡単に集客ができるようになったエステ業界は、客離れが深刻な課題になっています。

エステサロンも、他のエステと差別化を図るために、さまざまな特色を出しています。

フェイシャルに特化したサロン・ハンドにこだわるサロン・化粧品にこだわるサロン・高級志向のサロン・地域密着のサロン・・・など

「なぜこのお店を選んだのか?」

という理由は、今後のあなたのキャリアステップにも大きく影響してきます。

面接する側も、ミスマッチがないよう慎重に評価するポイントです。