スーパーセルムって痛い?【体質や対策についても解説】

『スーパーセルム』は、吸引エステとして有名なマシンです。

吸引エステとは、掃除機のような吸引で肌を引っ張りつつ、ローラでマッサージしていく施術の仕組みです。

普通に「手でマッサージする」「ローラーでマッサージする」よりも強力な圧をかけることができるの、固まってしまった脂肪=セルライト をほぐしていけます。

セルライトダイエットにものすごく有効です。

ところがこの吸引エステって痛いんです。硬くなった脂肪を引っ張りつつ ローラーでゴリゴリ潰していくので、普通にマッサージするよりも格段に痛いです。

表題の答えになりますが『スーパーセルムも痛い』です。

 

どのくらい痛い?

ちなみにこの痛さのレベルですが、人によっては我慢できないほどの痛さです。この痛さの程度は体質により、

具体的には

  • 初めて受ける人
  • 冷え性の人
  • セルライトがひどい人

という人には激痛になると思います。3つ全部当てはまる人は注意が必要です。スーパーセルムは一旦避けることをおすすめします。

痛くない人の特徴

逆に、

  • よく痩身エステに通っている
  • 1か月以内に痩身エステを受けた
  • 脂肪が柔らかい
  • 冷え性ではない

というような人は、スーパーセルムも痛まない可能性が高いです。

エステ慣れしている人には「痛気持ちいい~」と人気の体感です。

効果は高いです

スーパーセルムは痛さの伴う施術ですが、その分 痩身効果は高いです。

セルライトのもみほぐしに強いので、短期間でセルライトの解消になります。

また、セルライトがなくなると血流・リンパの流れが良くなるので どんどん痩せやすい体質になってきます。

最速で痩せつつ・リバウンドの防止も同時に叶えられます。

 

痛みの対策は?

スーパーセルムで痛みやすい体質・痛みにくい体質をそれぞれ紹介しました。

これらを比較してみると、痛みやすい人の対策もわかります。

結論としては

①:事前に硬くなった脂肪をほぐしておく
②:他の痩身施術を事前に受けておく

という2つの方法があります。

①は、セルフマッサージなどで脂肪の硬い部分をほぐしていく方法。

②はスーパーセルム(吸引エステ)以外の痩身エステを受けておく方法です。

どちらも共通するのは、事前に硬くなっている脂肪をほぐしておくことです。これによりスーパーセルムの痛みを大幅に軽減できます。

 

ハイパーナイフと相性がいい

②についてはハイパーナイフとの相性が良いです。

ハイパーナイフは高周波によってセルライトを温めてほぐす痩身エステです。

おすすめはの流れは、ハイパーナイフを受ける→2週間以内に同じ部位にスーパーセルムを受ける。という順番です。

痛みは軽減され、セルライトの解消もより効率UPします。

「ハイパーナイフ+スーパーセルム」を組み合わせたメニューをやっているお店もあります。

 

おすすめのクリーム

また、①については普通にセルフマッサージするよりも、痩身クリームを塗ったほうがほぐし効果が高まります。

ミネラルを含むクリームがおすすめです。塗ったところから浸透し、硬くなったセルライトをほぐしてくれます。

スーパーセルムを受ける1週間くらい前からケアしていくと、施術の痛みがかなり緩和されます。

そのまま続けていけば痩身効果が維持されるので、より早く結果が出やすくなりますよ!

ミネラル配合でおすすめクリームはこちら▼

【イルコルポ ミネラルボディクリーム】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。