ツイッターで情報を発信することは意味ない?

現代のSNSの普及

現代ではツイッターだけではなくFacebook、InstagramといったSNSが普及しています。ツイッターでは匿名で友達や家族以外の知らない人とも情報を共有することができます。

特に同じ趣味を持った人との情報共有は昔に比べて広く早くなっています。

このSNSを使って個人でも企業でも情報を提供し共有することができます。

ツイッターの広がりかた

SNSの広がりで企業もツイッターを使った宣伝をしています。ツイッターで企業が商品の情報を投稿して誰かが気に入ってくれればそこからリツイートなどをして一気に広がることもあります。また個人がふとつぶやいたことからどんどん情報が広まっていくケースもあります。

そのためまったく無名であった商品や店舗がツイッターで投稿されて情報番組で特集されることもあります。

投稿する時間帯に気をつけましょう

ツイッターで情報を発信するにはコツがいります。それはいかに注目される時間帯に投稿するかです。例えば、真夜中は寝ている人が多いので投稿しても見る人が少ないのです。そのまま朝になると別の投稿が上にきて、自分の投稿はどんどん下に行ってしまいます。

そのため1番携帯を触る時間帯に投稿するのです。通勤前や帰宅後、昼休憩などと考えれば自ずと分かるはずです。

積極的に情報を発信しましょう

これからはテレビや雑誌で情報を発信してからでは遅い時代になっていくのかもしれません。新商品の発売やセールのお知らせなどはツイッターを使えば素早く提供できます。

企業が生き残るためにはツイッターの力を借りて日本全国、世界中にも情報を発信していかなければならないのかもしれません。時に誰の目にとまるのか分かりませんので、意味がないことはないはずです。