紫外線によるシミの対策には炭酸パック

いよいよ8月になり、日差しの強い日が増えてきましたね。この時期、一番怖いのは紫外線による「シミ」ではないでしょうか。

肌の細胞は紫外線でダメージを負うと、紫外線から肌を守るためにメラニンを生み出し始めます。これがシミの原因です。

 

シミ対策

シミを防ぐ対策として、ダメージを受けた細胞をターンオーバーにより排出する方法があります。正常な肌なら、2週間でターンオーバーが行われ、新しい細胞に生まれ変わります。しかし、夏は代謝が落ちるため、正常なターンオーバーが行えず、ダメージを受けた細胞がいつまでも肌の奥に残ってしまいます。

 

炭酸パック

炭酸パックは、炭酸ガスにより血行を促進し、ターンオーバーを正常にさせる効果があります。これにより、紫外線でダメージを負った細胞をシミが生まれる前に排出できます。また、正常なターンオーバーは、すでにできてしまったシミも破移出します。さらに「くすみ」や「ニキビ」など多くの肌トラブルを解消できます。

じつは弊社でも炭酸パックはこの時期すごく売れるんです!

 

年々強くなる紫外線

日本でも紫外線の強さは年々増してきているそうです。気象庁の発表によると、1990年〜2010年で8.9%増加(つくばで測定)となっています。

薄めのカーテンだけでは紫外線を完全には防ぎきれず、室内にいても日焼けを起こしてしまいます。外に出るときはもちろんですが、室内にいても肌のケアが必要になります。

今年は遅めの梅雨明けということもあり、これからが夏本番です。日焼け対策も兼ね、炭酸パックで美肌を目指してみるのはいかがでしょうか。