ウィンバックの揉み返しの症状と対処方法

エステティシャンの手からラジオ波が出る「ウィンバック」ですが、メインの施術になるのはハンドマッサージです。

そのため、通常のマッサージと同様「揉み返し」が起こることがあります。

揉み返しの原因

揉み返しの主な原因は、マッサージによる効果が浅部だけに及び、深部にコリが残ってしまった時に現れます。

ラジオ波をマッサージと同時に照射するウィンバックは、深部もしっかりほぐれるので揉み返しのリスクは非常に低いです。それでも「コリがひどい人」や「エステ自体が初めて」「かなり久しぶり」という人には起こりやすいです。

ウィンバック後の揉み返しの症状

ウィンバックによるマッサージを受けた箇所に、少し経ってから筋肉痛のような痛みや、肌に内出血が現われることがあります。

筋肉や血管に負担がかかることによって現われる症状で鋭い感覚の痛みです。

体がだるくなったり眠けが生じたり、頭がぼーっとするなどの倦怠感が出ることもあります。

揉み返しが出た時の対処方法

炎症により引き起こされる筋肉痛のような痛みの揉み返しサインが出た場合は、冷やすと軽減します。氷などをいれた袋をあてるアイシングや冷湿布などで、痛い箇所を冷やします。

だるさなどの風邪のような症状が出たときは、ぬるめのお風呂に入るなどして身体を温めて、ゆっくり休みます。常温やぬるめのお水を飲んで老廃物の排出を促しましょう。

揉み返しが出たときの注意点

ウィンバックの施術後に揉み返しが出た場合は、スタッフにしっかり伝えます。

体調の変化が大きかった場合は、次回の予約時まで待たずにすぐにエステに連絡しましょう。

クレームと思われるのではないかなど心配せずに、困ったことはきちんと相談して対応してもらうことで安心して長くエステに通えます。