キャビテーション

キャビテーションとハイフ(HIFU)はどっちが痩せる?

キャビテーションは脂肪を落としたい部分に『超音波』を当てることにより、脂肪細胞を分解することで痩身効果を出していくマシンです。

空洞現象といって超音波の振動により液体の中に気泡が発生します。

痩身エステにおけるキャビテーションは、脂肪細胞内に発生した気泡が破裂する衝撃を利用して、脂肪を分解する施術です。

溶け出した脂肪は血中へ溶け出し、リンパ管や血管を通じて体外へ排出されやすい状態になります。

脂肪細胞そのものを破壊する施術ではないので気をつけてください。つまりリバウンドはします。

▶︎キャビテーションで脂肪細胞を破壊するのは間違え【リバウンドもします】

 

細胞を破壊する施術は医行為になるので、エステでは受けられません。

以下のハイフ(HIFU)がそれに該当します。

 

ハイフ(HIFU)とは

ハイフ(HIFU)とは、一点に超音波を収束させて熱を与えることで、脂肪細胞にダメージを与えて分解する施術です。

キャビテーションは振動で脂肪を分解、ボディハイフは熱ダメージで脂肪を破壊していきます。

脂肪細胞そのものを破壊できるので、半永久的にリバウンドは起こりません。

医行為

ハイフ(HIFU)は脂肪を破壊することから"医行為"にあたります。
医師免許のないエステサロンでは受けることができません。すべて違反しているお店です。

 

基本は顔に使うもの

じつは現在のハイフはほとんど "顔" に使います。

高密度超音波を筋膜にあてて熱収縮させることで、皮膚全体を引っ張り上げ リフトアップやシワを改善していきまふ。痩身より『アンチエイジング施術』がメインになっています。

顔痩せに利用することもありますが、顎(あご)などのごく小さい部位の脂肪にのみ使います。

こちらもCHECK

ハイフ(HIFU)でお腹や二の腕の脂肪は破壊できません【前提を勘違い】

ハイフ(HIFU)による脂肪破壊の仕組み HIFU(高密度焦点式超音波)を痩せたい部位にあてることによって、カラダの中でそのエネルギーが吸収され さらに熱変換されることにより脂肪細胞を破壊します。 脂 ...

続きを見る

 

まとめ

結論としては全身のダイエット目的であれば、キャビテーションの方が痩せます。

痩身エステに行くなら初回体験の安いサロンがおすすめです。はじめてのキャビテーションなら「たかの友梨」がおすすめです。

たかの友梨はいまならWeb申し込み限定のキャンペーンを実施しています。
予約が取りにくいので早めに予約しましょう。

 

ハイフ(HIFU)に関しては "顔痩せ"などの小さい部分でのサイズダウンに使います。

ハイフの場合は脂肪細胞を破壊できるのでリバウンドはありません。

 

脂肪溶解リニアHIFU

最大手である「湘南美容クリニック」に導入されている痩身用のハイフ(脂肪溶解リニアHIFU)でも、やはり顔がメインです。

フェイスラインの脂肪を溶解できるので、二重アゴにお悩みの方におすすめです。

回数 料金
1回 30,000円
3回 84,000円
※1回あたり28,000円

詳しくはコチラ

 

スポンサーリンク

美容整形

-キャビテーション