妊娠中のキャビテーションにはリスクがあるのでダメ!

妊娠中にキャビテーションを検討する

減量を試みている方々の状況も、非常に多彩です。中には、妊娠中の方々もいるのです。人によっては妊娠しながらも、減量したいと望んでいる事もあります。

ところでダイエットを試みるなら、キャビテーションという選択肢もあるのです。体の中にある脂肪細胞に働きかけるのですが、それは確かに痩せる効果も期待できます。

ですから妊娠している女性の方々は、しばしばキャビテーションを前向きに検討しているのです。ただキャビテーションがリスクがある点は、注意を要します。

細胞内の気泡に働きかけるキャビテーション

ところでキャビテーションは、体の外から超音波を照射する事になります。その音波は、体の中にある脂肪細胞に伝達するのです。

ところで脂肪細胞の内部には、小さな気泡が存在します。キャビテーションの超音波が照射されますと、その気泡が刺激されるのです。それで内部から脂肪細胞が破裂するという流れにあります。ですから脂肪細胞を減少したいなら、キャビテーションは有効なのです。

しかし妊娠中というタイミングですと、話は少々変わってきます。熱にリスクがあるのです。

熱が赤ちゃんに悪影響を及ぼすリスク

キャビテーションによって超音波が照射されますと、当てられた部位に熱が生じるのです。具体的に何度ぐらい上昇するかは、状況次第ではあります。平均的には、4度から5度ぐらいは上昇する傾向があります。

ところがお腹の中の赤ちゃんには、その熱はあまり良くありません。赤ちゃんに対して悪影響が生じ、妊娠の妨げになってしまう事もあるのです。

つまりキャビテーションをしますと、お腹の中の赤ちゃんに対するリスクは高まる訳です。ですから、その超音波で痩せるにしても、リスクをしっかり理解しておくべきでしょう。

 

【関連:妊娠中は受けちゃダメ?インディバの妊婦さんへの副作用は?