キャビテーション

キャビスパは痛い?エステとの違いは?

キャビテーションマシンの効果

キャビテーションは、超音波の振動を用いて脂肪細胞を壊して部分痩せを行うことができるマシンになります。

エステサロンでは特に人気の高い施術で、セルライトなど運動で落せない脂肪も減らすことができます。

超音波で壊された脂肪細胞は老廃物として体外へ排出されます。

脂肪細胞そのものが減るのでリバウンドが少ないダイエット方法とされています。
痛みもほぼなく、お肌に傷をつけたりしないので安心して受けられる痩身術となっています。

エステサロンで受けられるキャビテーションですが、家庭用も販売されています。

ヤーマンから販売されている『キャビスパ』なんかは、家庭用のキャビテーションマシンで有名です。

【公式通販サイト】RFボーテ キャビスパ

 

キャビテーションの痛み

気になる痛みですが、特に脂肪が凝り固まったり、筋肉が張ったりしていない場合、家庭用のマシンで痛みを感じることはありません。←そこまで強力な出力はでません。

ただ痩せている人、脂肪が少ない部分にあてると 骨に"キーン"と、超音波が響く感じが分かる場合があります。

 

ピリピリ感がある部位も

キャピスパにはEMS機能があり、これは筋肉に働きかけます。

低周波の電流で筋肉を鍛えていく効果がありますが、筋肉量が少ない箇所では多い方に比べると刺激を感じやすくなるそうです。

EMSの強さは調節できますので、ピリピリ感が強い部分は出力を落とすか、避けるようにしましょう。

 

また、あまりEMSをやりすぎると翌日以降に痛みを感じることもあります。

これは本当に「筋肉痛」なので、休ませておけばOKです。

 

効果を高めるには

キャビテーションを自宅で行う場合、マシンを使う前に体をお風呂で温めておいてそれからキャビテーションで気になる部分に使用すると効果的です。

使用後に脂肪を排出させやすくするために「マッサージを行う」「有酸素運動を行う」「ストレッチを行う」などをすることがおすすめです。

 

なぜならキャビスパを使用した後、脂肪はまだ体内にありますので効果が実感しにくいです。面倒と感じてしまうかもしれませんが、一連のケアを行ってしっかり結果を出しましょう。

 

キャビスパのメリット

キャビスパを使うメリットは

  • エステに通う時間を設けず好きな時にできる事
  • エステよりも安価でキャビテーションを行える事
  • 痛みが無い事
  • 自分が気になる部分を重点的にケアできる事
  • 隙間時間を利用してきれいになれる事

などが挙げられます。

 

エステのキャビテーションで痛かったという人も家庭用は痛くないので安心して利用してみてくださいね。

効果が出るまでに少し時間がかかる点と、使用後に脂肪を排出しやすくすることを行う必要があるという点がデメリットではありますがEMS機能なども搭載されたマルチ機能のものは1台あると便利です。

 

[PR] 脂肪冷却もおすすめ

「あんまり効果が実感できない・・」「正直、食事制限がツラすぎる〜」…という人には、一度 メディカル痩身で脂肪を減らしてしまうのも手ですね。

今は『脂肪冷却-クールスカルプティング-』のようにダウンタイムなく脂肪を減らせる技術もあります。

また、キャビスパのEMS機能は、脂肪除去後の"余った皮の引き締め"にも役立ちます。

 

おすすめはここ

「湘南美容外科」の特徴は、アラガン社の「クールスカルプティング」を使用していることです。

厚労省が唯一認可した医療機器となっており、脂肪減少効果(と安全性を認めたものとなります。

初回ではなく通常価格が29,800円なので、複数部位で通う痛い人にもぴったりです。

通常価格:29,800円(税込)
施術時間:冷却35~45分(部位により異なる)
トータル所要時間:カウンセリング含め約2時間

湘南美容クリニック 公式サイト

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-キャビテーション