キャビテーション

キャビスパを行うタイミングは食前・食後【どちらがいいのか?】

『キャビスパ』は、ヤーマンから開発・販売されているキャビテーションマシンです。

キャビテーションというのは、特殊な超音波を利用して脂肪を溶かす痩身法のことを指します。

その仕組みは、脂肪細胞だけに作用させることが出来る特別な周波数の超音波を当てて、脂肪細胞内に気泡を発生させ、その気泡が消滅するときの衝撃を使って脂肪を乳化させるものだと言えるでしょう。

乳化とは脂肪が溶ける現象です。脂肪細胞が破壊されるわけではありません。

そしてこのキャビテーション施術を家庭でも行うことができるのがキャビスパです。

参考家庭用キャビテーション「キャビスパ」を半年間使ってみての感想

部分痩せを食事制限で実現するのは難しい ダイエットの難しい点は、単に体重を落としただけでは理想とする体型が培われないということです。 今まで、いろんなダイエットに挑戦してきましたが、毎回このジレンマに ...

続きを見る

 

キャビスパでは食事も気を付ける

キャビスパを行う際に気を付けておきたいのは食事についてのことです。

この施術では、体内の脂肪が急激に減るという現象が起こるため、食事によって体内に入ってきた脂肪分が吸収されやすくなります。

そして食事により血糖値が高い状態に施術を行うと食べた物のエネルギーを消費することが優先されるため、脂肪の燃焼がしにくくなってしまいます。

ですので、施術を行う直前や直後は食事を控えた方がよいということが言えるでしょう。

 

施術は食前と食後のどちらがいいのか?

キャビスパを行う際は【空腹の状態】が理想だと言えるため、基本的には食前に行った方がよいと言えます。

しかし前日から何も食べないようにする必要はなく、2時間前までに食事を済ませておくとよいと言えるでしょう。

そして施術後は、2時間程度は脂肪が吸収されやすい状態になっているため、やはり施術後2時間程度は食事を控える必要があります。ですので、施術の前後2時間程度は何も食べないようにするとよいと言えるでしょう。

 

食べる食材にも注意が必要

キャビスパを行う2時間前までなら食事を行うことが出来るということを先ほど説明しましたが、何でも食べていいというわけではなく、食材には気を付ける必要があります。

肉類というのは消化吸収に時間がかかりますし、特に肉の脂は10時間以上も消化吸収にかかると言われています。

ですので、脂の乗った肉類などは前日から控えておいた方がよいと言えますし、当日食事するのであれば野菜や果物、おにぎり等の炭水化物などで済ませるようにしましょう。

【公式通販サイト】RFボーテ キャビスパ

[PR] 脂肪冷却もおすすめ

「あんまり効果が実感できない・・」「正直、食事制限がツラすぎる〜」…という人には、一度 メディカル痩身で脂肪を減らしてしまうのも手ですね。

冒頭でも少し触れましたが、キャビスパには脂肪を破壊するほどのパワーはありません。

今は『脂肪冷却-クールスカルプティング-』のようにダウンタイムなく脂肪を減らせる技術もあります。湘南美容クリニックなどに導入されています。

また、キャビスパにはEMS機能もあるので、脂肪除去後の"余った皮の引き締め"にも役立ちます。

 

スポンサーリンク

美容整形

-キャビテーション