ハイパーナイフ

ハイパーナイフって何がすごいの?

ラシ?オ波-ハイハ?ー

↑この絵のような違いがあるらしいです。

ラジオ波を使った痩身マシンは、熱が分散してしまうので皮下1~2cmまでしか届きません。これに対し、ハイパーナイフは熱が分散しにくいので皮下4cmまで届きます。

ハイパーナイフは、より深い脂肪層にまでアプローチできるからすごい!ってことですね。

ハイパーナイフは深くまで届く

ハイパーナイフの1番の特徴は、バイポーラ方式にあります。

普通のラジオ波マシンは、モノポーラという仕組みを採用しています。

私のお気に入りのサーモシェイプもインディバも、モノポーラ方式のラジオ波マシンです。

モノポーラ方式というのは、おなかや背中に電極板を入れて、痩身マシンのヘッド(プローブ)と板の間に電気(ラジオ波)を流します。

モノポーラ方式で、皮下深くまで温めようとすると、出力を高くする必要があり、火傷する危険性があるようです。

そのため、火傷しないように出力をあげつつ、冷却も同時に行う工夫をしてるわけですが、結果として「温めたいのか?冷やしたいのか?どっちなんだ?」という体感になってしまうわけです。

バイポーラ方式って?

一方、ハイパーナイフのバイポーラ方式は、プローブのヘッドに電極がついてて、その間に電気を流します。

こちらがハイパーナイフのプローブです。(丸の部分が電極)

img01

引用:http://wamu-gr.co.jp/product/hyperknife/

バイポーラ方式の場合、出力をそこまで高くしなくても十分な熱を発生させられるので、火傷の心配もなく、安全に痩せられるということみたいです。

また、バイポーラ方式は熱が分散しにくいため、温まりも早く、短時間の施術でもしっかりと効果が現れるようです。

同じラジオ波を使ったマシンでも、その流し方によって、いろいろと違ってくるんですね。

ハイパーナイフは効果が長持ちする?

ラジオ波を使った痩身マシンの特徴に、「即効性はあるけど戻りやすい」というものがあります。

だから、戻る前に次の施術をするのが理想的で、エステに通うのも週2回ペースで通うのがベストです(どのエステもだいだいそう言う)

もちろんホームケアによって持ちの長さは伸ばせます。

ラジオ波で溶かした脂肪は血液・リンパを巡っていますが、3?5日かけて元の脂肪細胞に戻ってしまいます。元に戻る前に消費すればいいので、ラジオ波の施術を受けた後3~5日間くらい、ウォーキングなどの有酸素運動をすれば、溶けた脂肪を燃焼させられます。

ラジオ波マシンは、自分でちょっと努力をすればガンガン痩せられるんですが、やはり運動したくないって人も多いですよね。

ところが、ハイパーナイフは効果が長持ちするらしいんです。

温めると同時に「ほぐし」を行うことができるので、代謝が上がり、比較的長い時間リバウンドを防げます。

だから、週1回ペースでも十分に効果を出している方も多くいらっしゃるそうです。

本当に、努力いらずで痩せられちゃうわけですね!

ハイパーハイフ、ぜひお近くのエステサロンで体験してみてください。

特別優待チケットがもらえる

メディカルサイズダウン

-ハイパーナイフ