ハイパーナイフ

ハイパーナイフと断食で痩せることはできる?「諸刃の剣です」

断食は諸刃の剣

ダイエットにおいて断食は『諸刃の剣』と言われています。

摂取カロリーを完全に遮断してしまうので、消費カロリーがそのまま減量につながります。

ただし、断食によってエネルギー消費を抑えようと徐々にカラダの代謝が低下していき、消費カロリーが減ってしまいます。

そのため、最終的には「摂取カロリーはないけど消費カロリーもない」という状態に落ち着いてしまうのです。

これは人間の生存本能によるものです。

よって断食はダイエットでも禁じ手になっています。

 

ハイパーナイフを使っても同じ

代謝を向上させる効果のあるハイパーナイフは、断食による代謝低下を抑えられる。

という理由で併用するダイエット戦士もいます。

しかしこれは誤解です!!

 

やはり脳が飢餓状態を認識してしまっているので、ハイパーナイフをかけても代謝は上がっていきません。

場合によってはハイパーナイフの施術中に体調を崩す恐れもあります。事前カウンセリングで断食についての注意がある痩身サロンもありました。

ハイパーナイフ×断食 は、基本的には推奨されない手法であると知っておいてください。

 

一時的には効果大

補足しておくと、一時的には効果はあります。

ハイパーナイフによって代謝が上がり、そのまま摂取カロリーを0に抑えるわけですから、体重は一気に下がっていきます。

ただし 最長でも1日に抑えましょう。

また、飢餓によって栄養の吸収率が上がっていくので、断食後の食事は「吸収の良いもの」や「糖質の低いもの」を摂るようにしてください。

 

置き換えの方が良い

食事による脂肪の蓄積は、血糖値の上昇が一因になります。

そのため、現代では『糖質を抑えること』が重要だと言われています。

ご飯やパンを、玄米ブレントや低糖質のものに置き換えるだけで、脂肪の蓄積を抑えてくれます。

また お肉・特に豚肉から得られるタンパク質やビタミンBは、代謝を高めてくれるのでダイエット効果があります。

「なかなか痩せないな〜」と感じている方は、糖質制限を心がけてみてください。

 

最終手段:医療痩身もおすすめ

「どうしても食事を我慢できない!」
「甘いもの・脂っこいもの食べたい!」

という方には医療痩身もおすすめです。

『脂肪吸引』のように脂肪細胞を直接的に切除してしまう方法や『GLP-1内服薬』という強制的に食欲を抑える薬によるダイエットが可能です。

特に GLP-1は食費も抑えられるのでコスパが◎

クリニックフォアはオンライン診療・処方も可能。リベルサス(GLP-1内服薬)が定期価格が1か月分93,50円とトップレベルにお得。

"無理なく"食事量を減らし、インディバと組み合わせて 脂肪燃焼効果を高めることができます。

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-ハイパーナイフ